2013/04/02

ゲーム・オブ・スローンズ 10話「炎と血」

キャトリンは捕虜となったジェイミーにブランの落下事件の真相を問い詰める。ジョン・スノウは、家族を助けるためロブの軍に加勢に行くか、冥夜の守人の誓いを守り黒の城に残るかのジレンマに悩む。冷酷さがエスカレートするジョフリーにサンサは怯え、残されたアリアは少年になりすまし王都からの脱出を図る。一方、ナロー・シーでは息絶えたカール・ドロゴの火葬の儀式で炎に包まれたデナーリスが…。

あちゃ~カールお亡くなりになっちゃった(泣)。
ただ息のあるだけの王カールを見たデナーリスは枕で最期のとどめを刺した。
このまま苦しむ王の姿を見たくない思いと早く楽にさせてあげようという思いでとどめを刺したんじゃないかと。
デナーリス強いな。

最期、枕で窒息したシーン、カール王の体が震えるんだよね。
ショック!!

前回、妖女にタブーとされている魔術を使わせカールの治療を試みさせたデナーリス。
この妖女あやしいなと思ったら、やっぱり。
カールに皆殺しにされてうらんでたんだよね。
敵をとったんだ。
デナーリスのお腹のコも殺されてしまった。

そして、デナーリスは火葬の儀式で炎に包まれてドラゴンの母となるのでした。
火葬の儀式が『スターゲイトSG-1』のヴァーラが焼かれるシーンを思い出した。

シーズン1最終話、物語はシーズン2に盛り上がりをみせそう。
でも、カール王がいなくなった今、一挙放送時にスターチャンネル加入するのみにするかもしれない。

コナンのような野性味あるカール王だっただけに今後の出番がないかと思うと残念。
台詞も少なかったし、デナーリスがやはりここでは主役という感じだった。

シーズン2はファイナルにカール王のクレジットがあるけど、回想シーンとかかな↓


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

molly2368

stargate Abiding Love
本星「海外ドラマ☆SFワールド」からペガサス銀河の「アトランティス」へようこそ!
スターゲイトファンの皆様、宜しくお願いします(更新不定期中;