2013/01/15

へイヴンS3-7&8「マジック・アワー パート1 パート2」

ユニバーサルチャンネルで放送されている『へイヴン』です。
スティーヴン・キングの小説「コロラド・キッド」を映像化。
そのシーズン3の7話目と8話目には『スターゲイトSG-1』でヴァーラを演じたクローディア・ブラックが出演。
ヴァーラを彷彿とさせるモイラという役でした。

S3-7:マジック・アワー パート1
ハンター流星群の出現まであと23日。オードリーとデュークはコロラド・キッドの手掛かりを求めコロラド州へ。介護施設にいた彼の母親はオードリーを見て「サラ」と呼んだ…。一方ヘイヴンでは死者を蘇らせる力を持つ受難者が身代金目当てに殺人を犯していた…

S3-8:マジック・アワー パート2
コロラドから戻ったオードリーたちは、ネイサンを救える唯一の人物、蘇生能力を持つ受難者ノエルを捜す。日没までに捜し出さないとネイサンを生き返らせることはできない。しかし発見されたノエルは、すでに息絶えていた。オードリーは最後の望みをかけ、ノエルの姉モイラを捜索する(粗筋はいずれもユニバーサルch hp)


ユニバーサルチャンネルで放送されるドラマにはスターゲイトからのゲストがわりと多いですが、3月31日で放送が終了というショック!!!



クローディア・ブラック演じるモイラの妹ノエルは日没に死者を蘇らせる力を持つという受難者だった。
モイラは妹の受難を利用して殺人を犯し、死者を蘇らせるかわりにお金を頂くという悪事を働いていた。

スターゲイトだとヴァーラ的ですよね。
へイヴンというドラマがわりとダークなイメージなのでモイラもダークさを感じずにはいられません。
しかも、ヴァーラは豪華でセクシーな衣装でしたが、モイラはクロぶちメガネをかけてジーンズにシャツ姿。
それでもナイスバデーのヴァーラに変わりなく、なかなか切れ味がよかったです。

この回は2話続きというのもあって、ドラマ「へイヴン」の謎であるコロラド・キッドについて大きく進展もあり。
家畜銃を使った連続殺人犯の犯人も分かるという見応えのある回でした。

オードリーの大切な人ネイサンを蘇らせるためにノエルを探すオードリーですが、既に遅しノエルは死んでいた。これではネイサンを蘇らせることはできない。
大抵、姉妹であればどちらも受難者であるはず。
しかし、能力はショックなことが起きたときに目覚める。
オードリーはモイラにショックを与えて目覚めさせようとする。
それには妹ノエルの死をモイラに見せ付けるのだが…。

大切な妹の死を見てもモイラに能力が目覚めない。
もうネイサンは蘇ることはないのか。

モイラ姉妹は母を亡くし、父親をも亡くしていた。
父親が運転する車でモイラ姉妹は幼い頃に事故に遭っていた。
そのときに妹はショックで蘇生能力が目覚める。
しかし、父親を助けなかった妹ノエル。
モイラは何故父親を助けなかったのか?とノエルを責めていた。
モイラはそんな事があってノエルの死をショックと捉えられなかった。

しかし~事故の真相が明らかに。
一人以上を救うと自分も死んでしまう。
父親も姉も助けたかったノエルだったが、モイラを蘇らせたのだった。

真相を知るとモイラに能力が目覚め、妹ノエルを蘇らせる。
そして、ノエルはネイサンを。

めでたし、めでたし、というラストでした。
「アルファズ」なんかを見ると能力者が羨ましい感じもしますが、ここ「ヘイヴン」ではその名の通り能力者は受難者と呼ばれ、少々恐ろしい感じもします。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

molly2368

stargate Abiding Love
本星「海外ドラマ☆SFワールド」からペガサス銀河の「アトランティス」へようこそ!
スターゲイトファンの皆様、宜しくお願いします(更新不定期中;