2012/09/16

クリミナル・マインド 76話「ありふれた狂気」

S4-11 Normal
平凡なサラリーマンのノーマンはある日、何気ない出来事に逆上し発砲。えもいわれぬ快感を覚えたノーマンは手口や凶器を進化させながら犯行を重ねる。捜査に乗り出したBAUは、ジュディの証言やその他の状況から犯人像を細かくプロファイリング。このプロファイルを記者会見で発表し、ホットラインへの情報提供を呼びかける。ところがジョーダンの記者会見を見たノーマンは錯乱して職場を飛び出し……。(スーパードラマTV HP引用)

ノーマン役がSGAコールドウェル大佐です。
平凡なサラリーマンということで大佐役とはかなり違いますが、その役どころは見応え十分。
しかも、オチ(結末)が凄かった!!
本日、吹き替え版も鑑賞しましたが、なんと声優は麦人さんでした。
声優さんもいつもとはかなり違う役でしたね。


ノーマンは、助手席に誰かへのプレゼント?と思われるリボンのついた箱を乗せ車を運転中。
割り込まれた車が赤信号で止まり、隣に並び運転手に話しかける。
しかし、運転手は強い口調でノーマンの話をさえぎった。
その直後、車を追ってノーマンは車から発砲するのだった。

このシーンへ行くまでに家を出る前に奥さんとのやりとりがあるけどノーマンは無言。
車のプラモの誇りをとったり、オタクっぽい行動。
なんだかよくわからんなーと思ったはず。
結末を見ればそうだったのかと。

かなりイロイロなドラマにミッチ・ビレッジは登場してるので、もしかしたら似たような役もあったのかも。
でも、私は未見なので少々衝撃的。
しかも、今日見た吹き替え版だとノーマンの声優が麦人さんだったというね!
なかなかインパクトある配役でした。
麦人さんの声もかなり何時も見る役とは違うけどイメージは合ってた。

ノーマンは奥さんと似た人を狙ったようだったのだ。
BAUはエスカレートするノーマンの行動は、本物の家族が危険と判断する。
しかし、この事件前にBAUが関わる前に家族を殺していたノーマン。
この結末が衝撃だよね。

ノーマン、自分で家族を殺して今も生きてると思い込んでた。
BAUに確保されたときも車に家族が乗ってると本気で思ってたノーマン。
誰も車に乗っていなくて、それに気づかされるノーマンの驚きが印象的。

ノーマンは、自分のせいで娘を事故で亡くしていたと思い込んでいて、それが心の傷になっていてノーマルな男がシリアルキラーになっちゃった。気の毒ではありましたけどね。

クリミナル・マインドは何時も見ているわけじゃないけど『エイリアス』のアンナ、ジーナ・トーレスがFBIの人で出てた。

ちょっと怖い事件だったけどラストにJJが赤ちゃんを見せにやってきてほんわか~で終わりましたね。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

molly2368

stargate Abiding Love
本星「海外ドラマ☆SFワールド」からペガサス銀河の「アトランティス」へようこそ!
スターゲイトファンの皆様、宜しくお願いします(更新不定期中;