--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/02/13

#SGRewatch シーズン7  5 6 7 8話

137話「ドームの町」 Revisions
SG-1は、有害な大気で覆われた惑星で巨大なドームを発見した。中には町があり、住民が存在。住民は、ドームを管理しているリンクと呼ばれる高度なシステムに意識をつなげ、情報を共有していた。SG-1は町にとどまり、リンクのテクノロジーや町の歴史を調査。やがて、住民の挙動が不審なことに気づき始める・・・。

レイストッド役のChristopher Heyerdahlさん初登場。
今では「サンクチュアリ」でアマンダ・タッピング(サム)と夫婦役ですが、この回のツーショットを見るとその片鱗がみえますね。


138話「難破船ストロモス」 Lifeboat
SG-1が異星で発見した墜落船の中には、冷凍冬眠で保存された多くの人間がいた。SG-1が手分けして人数を数えていると、突如、エネルギー波を受け、意識を失ってしまう。その後、ティルク、次いでジャクソンが意識を取り戻すも、別人となったようにジャクソンの様子が急変。SG基地に帰還後の診断で、ジャクソンの脳には、多数の人格が同居していることが判明する・・・。


139話「聖なる鉱山」 Enemy Mine
異星でナクアダ鉱脈を調査していたSG-11が、膨大な量のナクアダが埋蔵された鉱脈を発見した。ところが、隊員が行方不明となり、事態は一変。隊員の捜索を要請されたSG-1が現地に駆けつけた後、ウナスが生息していることが判明する。やがて、隊員の遺体が発見されると、ジャクソンは、SG-11が鉱山に足を踏み入れたことで、ウナスを怒らせたと推測するが・・・。

ローン少佐初登場。
ウナス役のアレックス・ザハラさんとウナスのシャカ、人間レプリケーターのフィフスは2人とも次回も特殊メイクで登場です。

140話「白熱!宇宙レース」 Space Race
惑星へブリダンで毎年開かれるコンガラット・ループは、命を懸けて勝負を競う危険な宇宙レース。優勝を狙うセラキンのウォーリックはSG基地を訪れ、イオン推進エンジンのテクノロジーを提供する見返りに、ナクアダ・ジェネレーターの貸与を決めた。これを聞いたカーターは、レースへの出場を熱望。副操縦士として、ウォーリックの船に同乗することが決まった。果たしてレースの行方は?

へブリダンのウォーリック船長の初登場は128話。
そのウォーリック役はアレックス・ザハラさん、弟のイーモンは人間レプリケーターのフィフスでした。


粗筋は何れも隔週刊DVDより



137話
このツーショットです↓パラン役のレイストッドさん(違)。
tod

以前の記事→コチラ


138話
ダニエルのマイケル・シャンクスさんの演技が光りますね。
特に子供役がすごいな~と。
フレイザー軍医を頼るような仕草で見るシーン。
フレイザー軍医もすごかった。
優しくしたり、厳しい口調になったりと。

以前の記事→コチラ


139話
ローン少佐初登場でナクアダ鉱脈をみつけたりと大活躍なんですが、遺体を見て吐いちゃってましたねw
ウナスが採掘をして提供してくれることになりハッピーエンドでした。ダニエルの功績が大きい。
これでプロメテウスの次の船が造れることになったのかな?次のイオン推進エンジンといい?

以前の記事→コチラ


140話
あれ?話を聞かないうちにサムはもうレース姿?と思ったら、あれ私服だったんですね。
バイクに乗ってきたってことか?
sam
実はレース好きなサムがノリノリだったという意味なのかな(笑)。

ティルクがマーレーの名前を使ったのも可笑しいね。
あ、マーレーってコメディーの人だったのね>現実

サムもへブリダンではエイリアンでした(笑)。

以前の記事→コチラ

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

molly2368

stargate Abiding Love
本星「海外ドラマ☆SFワールド」からペガサス銀河の「アトランティス」へようこそ!
スターゲイトファンの皆様、宜しくお願いします(更新不定期中;

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。