2012/01/02

#SGRewatch シーズン5 17,18,19話 

105話「小惑星激突の危機」 Fail Safe
地球に接近する巨大な小惑星が観測された。このままでは、11日後に地球に衝突、全人類が死滅してしまう。SGCはそれを阻止すべく、ナクアダ核弾頭を小惑星に運ぶため、惑星レヴァンナに向かい、現地で墜落した輸送船を修理。惑星レヴァンナから全速力で小惑星に向かう。SG-1は、地球の滅亡を阻止できるのだろうか・・・。


106話「卑劣な罠」The Warrior
ジャファのカタノは、かつて仕えていたゴアウルドのイムホテップを倒し、ゴアウルドに対抗するジャファを募っていた。カタノに希望を見だしたティルクとブレイタクから、カタノとの同盟締結を勧められたハモンドは、カタノの元にSG-1を派遣。SG-1とカタノとの交渉が始まった。だが、当初、同盟に前向きだったオニールは、カタノに不信感を抱き始める・・・。

ティルク役クリストファー・ジャッジ脚本作品


107話「レプリケイター誕生の秘密」Menace
SG-1は文明が滅んだ惑星の遺跡で、停止している精巧な人型ロボットを発見した。ロボットは、SG基地に運ばれた後に目覚め、リースと名乗ったが、文明が滅びた原因を明かそうとしない。そのため、オニールたちは再びリースの惑星に赴き、調査。リースが眠っていた場所で、何かの破片を発見する。それは全銀河を脅かしているレプリケイターの破片だった・・・。

粗筋はいずれも隔週刊DVDより


105話
小惑星に貨物船が落ちていく様子がスターウォーズを思い起こしますね。
スターゲイトはなんとなくスターウォーズ的なイメージがするのはティルクがファンだからでしょうか(笑)。
この回はオニールの名言が沢山飛び出るんです。
その中の一つ「流星と遊べたし、それで充分だろ」^^

自然災害には介入しないというアスガードでしたが、サムは小惑星の質量から作られたものだと気づきます。
オニールの友人アスガードではなくサムの友人のトクラが最後は救難信号をキャッチしてくれました。

以前の記事→コチラ

106話
ティルク役クリストファー・ジャッジ脚本作品でティルクらしさが溢れるエピソードでした。
一方、オニールは軍人らしい視点でよく見ているな。
いつもはおちゃらけてるようなオニールもこういうときは流石です。
サムがP90のデモストレーショしたのも凄いなと思った。

以前の記事→コチラ


107話
やっぱりレプリケーターは脅威だなー。
オニールが拡大レンズでダニエルを見てたんだけど何でだろう?(笑)。
今回はオニールの名台詞をダニエルが「このクソ野郎」とリースを撃ったオニールに対して言ってましたが。
ダニエルが危ないから撃つしかなかったんですけどね。

以前の記事→コチラ

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

molly2368

stargate Abiding Love
本星「海外ドラマ☆SFワールド」からペガサス銀河の「アトランティス」へようこそ!
スターゲイトファンの皆様、宜しくお願いします(更新不定期中;