2011/10/10

#SGRewatch シーズン3 1話、2話、3話

ちょっと遅れてのシーズン3#SGRewatch

45話「炎の中のバリア」 Into the Fire
前回からの続き~。
オニールがゴアウルドに寄生されようとしていた。
オニールをゴアウルドから救い、SGCはSG-1チームを救助できるのだろうか?

前回から引き続き「The 4400」のシーズン2から登場したNTACのボス、ニーナ・ジャーヴィスがドクター・ローリーで出演。
なんとドクターはトクラのスパイでした。


46話「カルト集団」 Seth
カーターの父ジェイコブが、地球に潜伏しているゴアウルドのセスを探すためSG基地にやってきた。
ジャクソンが調査した結果、セスはシアトルを拠点に活動するカルト教団の教祖として振舞っていたことが判明する(各週刊スターゲイトのDVDより)


47話「宇宙人不可侵交渉」 Fair Game
ハトルを倒したことで地球人は脅威とみなされゴアウルドが総攻撃を画策しているという。
アスガードのトールは不可侵協定を結び地球を守るために仲介役をし、オニールが地球代表に選ばれる。




45話
このepは何といってもハモンド将軍の雄叫びがgoodです。
ブレイタクが森に隠していたヴィンテージものの戦闘機に乗るハモンド将軍。
この戦闘機はニードル・スレーダー(まさしく糸通しなのだそうだ)。
パイロットはティルク、そして後方のハモンド将軍はエネルギーキャノンを撃つ。
ニードル・スレイダーはデスグライダーの初期のプロトタイプなのです。
長生きブレイタクの若き時代のものでしょうか^^

ダニエルとSG隊員が人質にとられゲイト前に集められました。
このとき、ゴアウルドのセントリー・ガン・ポストが現れます。
接近戦で地上の拠点を防衛するために設置されている歩哨塔。
歩哨のジャファが一人で操作し、拠点に接近する歩兵部隊を搭載されたエネルギーキャノンで迅速に掃討できる。
これ地中から出現していたんですね。
転送で現れたのか?と思ってたんですが、それじゃあ、アスガードか!ですもんね。

ニードル・スレーダーやセントリー・ガン・ポストの詳細は各週刊スターゲイトより引用しました。


以前の記事→コチラ

46話
地球に潜伏とはバール閣下を思い起こしますねw
ストーンヘッジなる言葉が出てきますが、これってSFドラマではわりと登場するんですね。
というのが今頃しりましたです。
わりと登場というとカルト教団の洗脳話もSFドラマではよく出てくるお話です。
カーターがまたゴアウルドの装置を使いますが、セスが土に埋まってしまうほどの威力にはびっくりでした。
ジェイコブ・カーター、ティルク、教団に入った息子を心配する父親と父親談義が興味深いです。

笑えたのはダニエルのマイクテスト、1ミシシッピ、2ミシシッピ、3ミシシッピってw

洗脳されてしまった人の中にフロータクがいたようなんですが。
もちろんフロータク役ではありませんし、クレジットにもないようですがね

以前の記事→コチラ


47話
45話のハモンド将軍の雄叫びがお気に入りでベストエピと思いきや、そうだ!これもトールがSGCに現れるという画期的エピだったんだ!
しかし、サムが大尉から少佐にでオニールがスピーチの途中でびょ~んって転送されちゃうとはね(笑)。
アスガードが他へ出払っているとトールが言っていたけど何処へ?
そして、アスガードの銀河にはゴアウルドより凶悪な敵がいるといったのはレプリケーターのことだろうか?
この時点ではまだ秘密だったが。

今回、不可侵協定のために訪れたクロノスはジョリナー暗殺の黒幕とカーター。
ウ=ユーだったとは。

以前の記事→コチラ

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

molly2368

stargate Abiding Love
本星「海外ドラマ☆SFワールド」からペガサス銀河の「アトランティス」へようこそ!
スターゲイトファンの皆様、宜しくお願いします(更新不定期中;