2011/09/11

#SGRewatch SG-1 シーズン2 3,4話

25話「地底の牢獄」 Prisoners
惑星タルドア(PX3-775)で助けを求めてきた男を保護するSG-1。
しかし、逃亡を助けたと地底の牢獄に送られてしまう。
SG-1は無事にオウチへ帰れるのだろうか。


26話「ゲームキーパー」 The Gamekeeper
P7J-989でSG-1は謎の機械に掴まれてしまう。
オニールとティルク、ダニエルとカーターはそれぞれヴァーチャルリアリティの世界へ行ってしまう。
スタートレック(TNG・VOY)のバークレイが管理人キーパーで登場。
またもう会えないかと思ったコワルスキー登場。

25話
字幕で鑑賞したので初っ端オニールが「オウチへ帰ろう」と言っていた(以前の記事)のがわからなかった。

ゲイトは向こう側から開いたところに飛び込んだら自殺行為というのと、あの噴出すエネルギーに触ると消滅してしまいます。今では当たり前のように知っていることですが、だんだんとスターゲイトのしくみがわかるようになっているわけですね。

そして、地獄の牢獄には世界の破壊者リネアがいました。
リネアのお陰で脱出できることとなるわけですが、知能犯リネアには驚かされます。

SGCを脱出したリネアが後に大変なことをしでかしますよね~。


26話
オニール「惑星P7J-989は本当に素晴らしいところだったと思う。素晴らしい庭、たくさんの花、青い空。キーパーという男を除けば、いいところだよ」(笑)。隔週刊よりオニールの報告。

また字幕で観たところこんなこともオニールは言ってた。
「美しき園にはヘビがいる」
ゴアウルドにかけてるのか?
「バラの花にはトゲがある」というのと同じ意味だよね。

コワルスキーがヴァーチャルリアリティの世界で再会できたのが初見では嬉しかった。
いい結果に終わったとはいえないけど、こういう世界でないともうコワルスキーには会えないから。
でも、ダニエルが遭遇した両親は見て入られない状況だった。
これはダニエルにはキツイよね。

ティルクには幼生、カーターは寄生されたことでブロックがかかり自分自身のバーチャルリアリティの世界には行けなかった。

現実ではないと知っていたからだと思うが将軍の頭を叩くオニールがおかしいw

さて、キーパーのバークレイはこの1回のみの登場だが、このヴァーチャル・リアリティ・チェアは後に改造版で再登場。
今度はティルクが痛い目に遭うよね。

以前の記事→コチラ

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

molly2368

stargate Abiding Love
本星「海外ドラマ☆SFワールド」からペガサス銀河の「アトランティス」へようこそ!
スターゲイトファンの皆様、宜しくお願いします(更新不定期中;