2011/07/27

メタル・シフター

ユニバーサルchで放映されたTV Movie
「ストーンヘンジ・アポカリプス」のポール・ジラーの監督作
「ストーンヘッジ・アポカリプス」にもウィアー博士やタニスが出演していますが、「メタル・シフター」にもスターゲイト陣が出演しています。

主演 ローン少佐:ケヴィン・スミス
ベケット先生:ポール・マクギリオン
ST-DS-9エズリ、SGA-#87ポーター博士:二コール・デ・ボア
他には「ユーリカ」のヴィセント:クリス・ゴーシャー
BSGのDr.コトル


老朽化したロシアの人工衛星が軌道をはずれ、地球に向かって落下。幸い衛星は街はずれの農場に墜落し、金属の残骸はスクラップ業者の兄弟の手に渡った。だがそこに未知の生物が棲みついていることに誰も気づいていなかった!触れた金属と一体化できるという能力を持つ地球外生命体は、周辺の金属物を次々と吸収し、たちまち巨大クリーチャーと変化していく。目前の街に襲い掛かり、次々と破壊を繰り返す怪物を止める方法はあるのか。(粗筋はユニバーサルchのHPより引用)

IMDb調べだとタイトルが「Iron Invader」で、こちらのほうがしっくりきそうな感じではありますが、ローン少佐主演というのがイイ!ですよね。

このテのものは突っ込み甲斐もあったりしますが、まあそこはスルーして(笑)。

ベケット先生は保安官でしたが、地球外生命体にやられてしまいました。
立ち向かっていく姿はベケット先生とも重なるところがあって、正義感たっぷりで良かったと思いますが、一番出番が少なかったように思いました。

スクラップの残骸が一体化、銃を撃ち込んでもダメージを与えられないのは「ターミネーター」みたいでした。

二コール・デボア演じるアマンダがローン少佐演じるジェイクの高校の時の彼だったんですよね。
でも、アマンダはバツ一。
地球外生命体を退治するジェイクとはラストにアマンダも心許したようでした。
ローン少佐、アマンダとのキスシーンあってよかったね(なんて)。

イメージとしては 「ファースト・ウェイブ」での役柄と少し重なる感じでした。

スターゲイト陣を観るという意味ではかなり興味あり作品だと思います。






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

molly2368

stargate Abiding Love
本星「海外ドラマ☆SFワールド」からペガサス銀河の「アトランティス」へようこそ!
スターゲイトファンの皆様、宜しくお願いします(更新不定期中;