2010/10/26

「24」シーズン7-23にベケット先生がゲスト出演

「24」といえばシーズン6にはマイケル・シャンクスも出ていましたが、シーズン7の23話にはベケット先生が出ています。
もう終盤ですが、ジャックに注射器をブスリと刺すドクター役。
でも、ジャック側ではない悪い人なんですわ。
この回には他にもJAGのオニール中佐やCIA:ザ・エージェンシーのジャクソン・ヘイズリー(ウィル・パットン)が出ています。

オマケ
IMDbでみつけた「A Dog's Breakfast」 (2007)
これってベケット先生、マッケイ、マッケイ実の妹、テイラが出ているコメディなんですね。


以下、「24」シーズン7のネタバレあります。


トニー・アルメイダを確保して護送中。
厳重な警備の中、護送車内にはFBIのウォカー捜査官とジャックが乗り込んでいる。
しかし、ジャックはトニーを解放しなければ娘キムを殺すと脅されている。
ジャックは仕方なしにトニーを逃すためにウォカー捜査官や運転手に銃を向ける。
ジャックは指示された通りに行動。
トニーを途中で待つSVUに乗せるために護送車を降りた。
トニーはジャックを人質にしてSVUで逃走。
なんと生物兵器拡散に失敗したトニーは、ジャック自身の体内から病原菌を取り出して、新たに兵器を作ろうと黒幕に提案、自分の地位確保に乗り出す。

ジャックの体内から病原菌を取り出すために送られたところにDr. Levinson(ベケット先生)が待ちうけ、ジャックに注射器をブスリと刺した。
トニーは「もし死んだらどうなる?病原体を採取する前に」とドクターに問うと
ドクター(ベケット先生)「宿主が生きていることが最適条件だ」って、宿主に思わず反応~(笑)。

臓器からも病原体を採取するにはそれなりの施設が必要となり、ジャックは移送されることになる。
ぐったりしたジャックだったが、この移送のチャンスにドクターらを殺して脱出する。

ということでジャックにベケット先生はやられたので、この23話のみの登場で終わりました。

また、トニーが自分の地位確保のために連絡をとっていた黒幕がCIA:ザ・エージェンシーのジャクソン・ヘイズリー(ウィル・パットン)でした。

JAGのオニール中佐は、空港にいるジャックの娘キムに親切な人を装い近づき脅しの種にしていた。
共犯の男は逃げたが、JAGのオニール中佐は銃弾に倒れて。

いよいよ次回が最終回ということで大詰めです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

モリーさん
まいど~^^
これって
マッケイがディレクターなんですね~

ベケット先生にジニーもテイラも出てて
おもしろそう^^

なんとなんと まだ いましたよ

クリストファー ジャッジって
ティルクじゃないですか!?

ティルクもでてるなんて
これは 是非 みたいとこですね~^^

へっきーさん、どうも~。

あっ、マッケイがディレクターだったんですねー。
とまた見てみたら脚本もマッケイ。
それにティルクって絶対に観たい!
なんとか観られないものだろうか(^^)。

モリーさん コムトライヤー♪

ようつべでちらほら見れますけど
短いですね~


ティルク登場シーン↑

字幕版でもでてくれないかなぁ~

URLから見に行ってくださいね~^^v

へっきーさん コムトライヤー

観てきました!
ティルクの姿がSG-1では考えられない!?(笑)。
もっと観たいですね~。

↓このトラックバック、マイケル・シャンクスじゃなくて
マイケル・ジャクソンじゃん!

トラックバック

送料無料の通販

送料無料の通販です♪

molly2368

stargate Abiding Love
本星「海外ドラマ☆SFワールド」からペガサス銀河の「アトランティス」へようこそ!
スターゲイトファンの皆様、宜しくお願いします(更新不定期中;