2010/04/27

サンクチュアリ2 8話「今度の火曜日」

NEXT TUESDAY
メキシコ湾に希少なアブノーマルが現れてマグヌス博士とウィルは捕獲し、ヘリで運搬中に墜落してしまう。

アブノーマルは、吸血イカの突然変異種で大人しいはずが飛ぶのが嫌いでか?ヘリで暴れてしまう。
メキシコ湾ルイジアナ沖の廃棄状態の石油プラットホームの中に墜落してしまった。

お馴染みの脱出劇エピソードか^^

講演者で学会に行きたがっていたウィルを無理やり連れて来たマグヌス博士。
回収班は全員任務中だというが、またまたウィルが襲われる(そんなキャラだったのか)。

筒状で真ん中が開いているプラットホーム。
ちょうど真ん中に墜落して怪我はなかったことが不幸中の幸いか。
だが、飛行計画は偽物でサンクチュアリで気がついてもらわなければ救助はこない。

墜落の衝撃でウィルはヘリから投げ出され、その衝撃でボンベとダイビング機材を失い、吸血イカも脱走。
無線も使えないがケーブルが引っかかったおかげでなんとかヘリは水の上に浮かんでいる。
水深は20メートルもある。

大人しいはずの吸血イカが突然ウィルを襲う。
救助を待つ間はイカを遠ざけておかなければならない。
バッテリーを犠牲に水に電流を流す。これは効果ありだが、もうバッテリーは使えない。

通気孔をみつけ潜って開けてプラットホームの外に出ようとするが、マグヌスは吸い込まれそうになる。
バッテリーが使えなくても一度なら通信ができるかも。
内臓アンテナからワイヤを伸ばしてSOS。

機体には異常はにあのにヘリから音がする。
吸血イカの子供でもいるのだろうか。
と思ったら何と今日病ナミナミ半球の海サソリだった。
排熱孔に入り、エンジンルームにいた。
吸血イカが暴れた原因はサソリだった。
またまたサソリに襲われるウィる(笑)。
イカとサソリのテリトリー争い。

サソリは海底を這っても泳げない。今度はヘリを海底に沈めるしかない。
イカにサソリを退治してもらうべきですね~。

脱出劇かと思えば、これはイカとサソリの対決だった。
激しく闘うイカとサソリ。イカがたこに見えるのは、タコがあちらでは悪魔ナ扱いだからかな。

ヘリが引っかかるケーブルをバーナーで焼ききる。
その最中にヘリで争うイカとサソリ。
マグヌスとウィルは水に飛び込み、発炎筒をヘリに投げた。
ヘリは爆発し沈んでいく。
ウィル「博士はいかれてる」
マグヌス「面白かった」
ウィル「ダイハードみたい」
このシーンは番宣でのシーンですね。

これで煙が立ち救援隊が来たの・・・でしょうね。

しばし、救助を待つ間にイカとサソリに襲われながらのマグヌスとウィルの会話でわかったこと。
マグヌスは60年前ポリネシアで1回、イカと遭遇している。
1912年4月14日に一度、遭難しモリー・ブラウンに救助される。
サッカークラブを所有する富豪オラフから誘われていたマグヌス。
ウィルが学会に行くのを足止めしてオラフからの誘いを断るマグヌス、実は火曜日はアシュリーの誕生日だった。
ウィルにいてほしいヘレンでした。
邦題はその火曜日のことでした。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

水中でも平気かと思いましたが、マグヌス博士は不死身ではないのですね。(笑)
あの撮影はプールを使ったのでしょうか、ヘリを丸ごと使って大がかりだし、2人ともずっと水の中に入っていたのでさぞ大変だったろうなあと思いながら見ていました。
後はどうやって助けが来たのでしょうね。見つかったとしても、何でそんなところにいたのだとかいろいろ取り調べられたりして、そういうところではマグヌス博士が世界中に持っている抜群のコネで乗り切るのかしら。そこは適当ですよね。
あれはやっぱりタコですよね。(笑)

josetangelさん、マグヌス博士、水に弱いのかしら。
それでもさすがに長生きしてるだけあって、いろんな事を経験してますね。
そして、救出されるシーンを楽しみにしてたんですが(笑)。飛行計画も偽物だったので、その後いろいろありそうだし。
観終えてお2人にご苦労様でしたって思いました。
あの吸血イカはタコにしか見えないですよ~(笑)。

トラックバック

サンクチュアリ #21 Next Tuesday

『今度の火曜日』 アトランティスにあったようなタイトルですね。狙いも似ていたかも?同じく穴に落ちたエピソードよりはずっと見応えがありました。(笑)そして先シーズンの潜水艦閉じ込めエピのように、このシリーズにもパターンがありますね。アマンダとロビンお二人?...

molly2368

stargate Abiding Love
本星「海外ドラマ☆SFワールド」からペガサス銀河の「アトランティス」へようこそ!
スターゲイトファンの皆様、宜しくお願いします(更新不定期中;