--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/04/20

サンクチュアリ2 7話「真実」

Veritas
ビックフッドが棺の中に・・・。


ゲストは『ユーリカ~事件です!カーター保安官~』でルポだったエリカ・セラさんです。

犯人はマグヌス博士が怪しいと言うデクラン。
3日前ビッグフッドからマグヌスに精神障害が見られると報告を受けていたデクラン。
果たして真相はいかに!

この時点でビックフッドが死だことにびっくり、しかも犯人はマグヌスだと言うではないか。
ビックフッドは生前にお気に入りの聖堂で眠りたいと言っていたという。
聖堂に棺が運ばれて、これは本当なんだと思わせる。

マグヌスにはこの1週間の記憶がない、薬物反応も陰性、マグヌスが6年前から定期的にやっているCTスキャンに変わりはないようだが、6年前から謎の脳疾患を患っていたのだろうか。
これは誰かの罠ではないとマグヌスはウィルに無実の証明を託すのでした。

第9条、サンクチュアリの運営規則で犯罪があった場合、他の施設の所長が調査する。
デクランは、この手の調査に最適な特異性を持つテレパス3人組を送り込んでくる。
テレパス3人組の一人がエマ・コレイアで『ユーリカ~事件です!カーター保安官~』のルポでした。

ケイトによればマグヌスからアブノーマルの迎えを頼まれたが、その場所がなかったという。
翌日も同じ指示がきたが何れもマグヌスはメールをしてないという。
マグヌスは謎の脳疾患になってしまったのだろうか。

外された防犯カメラの痕を見つけるウィル。
路地裏ではビックフッドを撃つマグヌスがバッチリ写っている。
物的証拠は犯人がマグヌスであることを示している。

デクランはマグヌスを解任し、後任は自分だと各所長あてにメールを送っていた。
デクランが事件に噛んでいるのか、この時点では彼もまた怪しい。

ヘンリーはPCのバックアップ用ドライブに隠されていたフォルダ名“ビック・バーサ”という暗号化された文書をみつける。これがデクランの狙っているものらしい。

ビックバーサは危険種で磁気パルスを放ち地球のプレートを操る。
マグヌスが捕らえ安楽死させたと誰もが思っていたが生きている可能性がある。
これを知っていたのはエマだけだった、というのも怪しげだがテレパスの能力で知ったのか?

ビックバーサはアラビア海を移動していたことがわかるが、既に傭兵部隊に襲われていた。

行き詰るウィルは霊堂のビックフッドの棺を開けてみた。
すると中は空っぽ!
ウィルはビックフッドは生きていると確信するのでした。

ビックフッドは生きているし、マグヌスの病巣は消えていた。全部偽装だったんだ。
マグヌスが売人から買ったレッドリストの生き物は、テレパスに心を読まれないように症状を作り出すためのもの。
オゾン・ビートルという脳の海馬に寄生する虫を入れたマグヌス。
最初はハイになり、長居すると記憶喪失や妄想症、光に敏感になる。マグヌスの症状にぴったりだ。
こんなことをしてまでマグヌスの目的は一体何?

ビッグバーサに仕掛けておいた発信機がアフリカで反応する。
最初からカバールが犯人でないことを知っていたマグヌスはビックバーサを餌に作戦を立てたのだった。
ビックフッドは皮下筋膜がヒトの4倍厚く、弾は通さない。心拍を限りなく抑える物質を弾に塗っておいた。
自分にレッドリストまで寄生させたマグヌスの仕掛けは凄いものでした。

犯人はテレパスのエマでした。ビッグバーサは実際には生きていませんでした。
ユーリカでは保安官のルポだったのに、ここでは犯人でしたね。
しかし、恐ろしいアブノーマルがいたものです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

後から事情がわかると、なるほどそうだったのかと思うのですが、マグヌス博士のやり方は大胆でしたね。
夢オチの未来の話にしても、パートナーのジマーマン博士は振り回されてちょっと気の毒になってしまいました。
それにしても、サンクチュアリのアブノーマルを狙う存在は多いのですね。
敵は無数ありそうなので、ネタには困らなさそうです。(笑)

josetangelさん、

>マグヌス博士のやり方は大胆でしたね。
虫を寄生させてまでというのは凄かったですね。そのまま気付いてもらえなかったら・・・と考えると怖いです。相手を騙すにはまず身内からということなのでしょうけど。

特異な能力をもつテレパスたち、身内のようなものですよね、その人たちにアブノーマルが狙われるとなると大変ですね。
ところでデクランはイイ人なのか?悪い人なのか?突然出てきたし、なんか掴めないキャラです。それが狙い?(笑)。

トラックバック

サンクチュアリ #20 Veritas

『真実』 びっくりするオープニングですが、「そんなはずはない」というのが来てしまうので、どう決着を付けるのかそればかり考えていました。展開が早くて最後はちょっと強引でしたね。(スターゲイト的かも)アマンダ・タッピングが監督、ゲストに「ユーリカ」のルポ役...

molly2368

stargate Abiding Love
本星「海外ドラマ☆SFワールド」からペガサス銀河の「アトランティス」へようこそ!
スターゲイトファンの皆様、宜しくお願いします(更新不定期中;

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。