--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/12/20

スターゲイト:アトランティス 71話「活路」

Be All My Sins Remember'd

WRITTEN:Martin Gero
DIRECTED:Andy Mikita

前半の集大成みたいでした。
アポロのエリス大佐にダイタロスのコールドウェル大佐、カーター大佐に大佐、大佐、大佐、中佐^^
そしてレイスにレプリにあの人にあの人~。

レプリの戦艦をリアルタイムに追跡できる装置から他の惑星に警告をするという任務をこなしていたアトランティス。ケンプ中尉のチームが人々を避難させている最中にレプリに攻撃されてしまう。
アポロとダイタロスの協力を得てレプリ壊滅作戦が展開される。

レプリの停止プラグラム完成まで10時間。
しかし~10時間で完成できるのか?
協力者のレイスは、「時間までに完成できなかったらお前を餌にしていいか?」
マッケイ「レイス流のジョークだ」
本気だよね、おなかが減ってくるもん(笑)。

プランBでダイタロスとアポロでレプリ船の不意打ちを突き全部で7隻を撃沈するが、レプリ船壊滅にはまだまだ遠い・・・。

一週間後、まだレプリ停止プログラムが完成しない。
マッケイのここ3週間での一番の閃き!
ナナイト細胞の個々の結びつきを強くして濃密な球体にしようというもの。
超高密度で地上のナナイトも軌道上のナナイトも一つの球体にしてしまえば不活性化する。

倉庫に眠っていたエンシェントの装置でひとかたまりのナナイト細胞をつくる。
結合プログラムをアップロードできるプラッとホームになってくれるも。
レプリの母星持っていきスイッチを入れ、レプリが集まっているところにビーム転送。

地上のレプリは直ぐに結合を始めるが周回軌道上にいるレプリにはタイムラグがある。
船で逃げられる可能性があるが、それはその前につぶせばいい。

レプリ30隻VS2隻ではとても歯がたたないが・・・。
そこで、シェパードは味方の船を増やす案を出し、レイス船に協力してもらうことにする。

ジャンパーでシェパード、ロノン、テイラがレイスと共に母船へ向った。
しかし、レイスはやっぱり信頼できないな。
母船につくといきなりスタナーを浴びせられるシェパードたち。
初め、レイスは協力船12席を約束するが、7隻どまりだった。

シェパードのジャンパーがアトランティスへ帰るとき、ハイパースペースを探知。
エンシェントの軍艦が目の前に!
旅人さんのラーリンだった。
ラーリンは7隻ものレイス母船が一箇所にいるのを探知しての再会でした。
あ~ラーリンに弱いシェパード、、、

一方でマッケイはレプリの一部を作っている。
結合しない様子は、やっぱり液体型ターミネーターさんを思い出して・・・。

ラディックが他の修理に借り出されている間にマッケイはとうとう人型レプリを作ってしまう。
フレンドリー・レプリケーター・アンドロイドのフランだって。。。
『アンドロメダ』のハーパーみたいですね、マッケイ。

アトランティスに帰ってきたシェパードたち。
テイラは、スタナーをあびたことでシェパードとロノンに妊娠していることを明かす。
ロノン「オレじゃないぞ」って(笑)。
任務から外されちゃいましたね。
ロノンはカナンが父親であることを知ってましたね。
「ロノンって名前はどうだ」ロノン。←この時のロノン、良きお兄ちゃんみたいでとってもほのぼのしてました。

フランは任務遂行に支障がないか確認する。
えっ、誘導ミサイルと同じなんてマッケイは言ってたけど、そう思えないですね。
フランはナナイト細胞が環境の変化に適応していくスピードを過少評価していると指摘する。

解決策は、レプリ集合体の周りに等間隔でおいた6本のZPMに過負荷をかける。
その爆発で集合体は一気に爆発、作戦の爆発につながり母星ごと吹き飛ぶという(フランの案を採用ってことですね)。
レプリのコアルームに潜入し、敵のシステムに入りZPMに過負荷をかける。
その間にレプリの相手をするのはダイタロスたち。

ラーリンはシェパードに「あなた私の船に乗って~、ドローンはたっぷりあるけど発射できる男がいないの」
う~ん意味深な発言ですな。
シェパード「撃ちましょう、喜んで!」

サム「WOW!壮観だわ!」まさしく!!
フラン「グッドラック!」

軌道上での攻撃シーンも凄まじいものがありましたけど、レプリのナナイトが全て集合体に吸収されて塊になるシーンも凄かったです。
シェパードのドローン攻撃もバッチリでした。
やっぱりラーリンの前だとはりきってますな。

すごい量のナナイトで、重みで沈むというのが良くわかります。
ZPMに負荷がかけられないほど凄いです。
集合体の周りには膨大のニュートロニューム。レプリ細胞の原材料がニュートロニュームでエンシェントがわざわざここに施設を作った理由だった。

重みで地中まで沈んだ集合体が惑星ごと破壊していく。
凄い威力です。

レプリの母星は壊滅、連絡先をラーリンに聞くシェパード。
「純粋に同盟者として聞いてるんだ」(^^)。

レイスは敵に戻り、レプリは消滅。
M7R227はデータベースから外されたが・・・。

エリザベス・クローンが「これでようやく監視の目を気にせず動ける」で終わり~。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

いろいろ盛りだくさんでしたね。
レイスとの同盟は、わざと不信感を匂わして終わってしまったような感じ。
スターゲイトを長く見ていると疑う習性がついてしまったので、本当にスタナーで気絶させられただけだったのか、気になります。(笑)
地味にエリス大佐にため口でマッケイを援護するカーターも良かったです。この人たちなんで上から目線なんでしょう。エマーソン大佐が懐かしい。(泣)
ラリンとシェパードはこの感じだと、まだ先がありそうな雰囲気ですね~(爆)

josetangel さん、盛りだくさんで豪華でした。

>レイスとの同盟は、わざと不信感を匂わして終わってしまったような感じ。
そうですね。
レイスの利益があれば協力的な感じですけど、他は平行線な感じもします。というのもマッケイとの会話でもジョークは通じなかったし(笑)。

>本当にスタナーで気絶させられただけだったのか、気になります。(笑)
そうそう、レイスとのやりとりを見てるとどうも信頼おけないですからね。

>地味にエリス大佐にため口でマッケイを援護するカーターも良かったです。
カーターって、こういうことが自然に出来ますよね。

>ラリンとシェパードはこの感じだと、まだ先がありそうな雰囲気ですね~(爆)
なにかあればラリンたちのほうからアトランティスに来ると言ってましたし、シェパード期待してるかも(笑)。
もどかしいシェパードを見るのが病みつきになりそう。

No title

モリーさん アチャカ

豪華絢爛オールスターキャストでまるでお正月特番ですね。
と思ったら、アメリカではホントに年末年始に放送してました(笑)

前編はSG-1のコピーロボット的な展開だったけれど、後編は大活劇というか、レプリケータ相手に何でもあり同盟で大立ち回り。ダイダロスにアポロ、ランシャン戦艦にレイス母船が一群となってレプリケータ母性に向かうシーンは壮観でした。

マッケイの超変化球は、きっとやるぞと思ってたら、予想通りの展開でした(笑)

最大の疑問は、ずっとアトランティスの捕虜になっているトッドは一体どうやって空腹を満たしているのだろう?というところですね。

あと、最後のシーン、正体は何なんでしょう?レプリケーター?ナナイトに修復された人間?それとも実は本人生きていた?

気になります。

BBさん、アチャカ

>アメリカではホントに年末年始に放送してました
そうなんですか(^^)。
日本だと年末年始は特別編成で1回お休みですね(泣)。

ダイタロスとアポロが登場というのでもテンション上がるのにランシャンの船まで合流は想像してなかったです。
スターゲイトはこういうところ惜しみなくやってくれて嬉しいですね。

マッケイの変化球、ゼレンカが修理で呼ばれた時になんかありっぽかったですよね。でも、人間型レプリを作っちゃうとは思わなかったです。
マッケイ好みに可愛い女性だったのはやっぱりと思いましたけど(笑)。

レイスのトッドさん、一度栄養補給すると長持ちするんでしょうかね?

最後のシーンは気になりますよね!
正体はもちろん!アトランティスでは何時気付くのでしょう?

No title

モリーさん、こんにちは~。

停滞していた鑑賞ですが、ようやく”Catch Up”で追いつく事ができました~。

思えば昨年の同時期、アトランティスシーズン3では「帰還」の前後編が放送されており、老体オニールとウールジーのコンビが大活躍。レプリをやっつけてました。

本エピも、やはり敵はレプリ。こちらも最後スターウォーズのデス・スター破壊を彷彿させる本星大爆発。テンポよく、楽しめたエピでした。

しかしエリザベスのこうゆう絡み方、先が楽しみで仕方ありません。レプリでもエリザベスがエリザベス。敵としては最強です。シェパード君たち、苦戦するだろうなぁ~。

hiroakiさん、こんばんは。

>こちらも最後スターウォーズのデス・スター破壊を彷彿させる本星大爆発。テンポよく、楽しめたエピでした。
あ~なるほどスターウォーズのデス・スター破壊ですね!
レプリのエピソードはテンポがいいですよね。

エリザベスはアトランテイスでは優秀な指揮官だったので敵に回れば怖い存在になると思います。
どうなるのでしょうね、レプリとの決着~。

トラックバック

#72 Be All My Sins Remember'd (2)

『活路』 原題は前話と同じくハムレットの台詞の最後の一節から取られているようです。(こちらに台詞の訳を見つけました)脚本家の言葉遊びのようなものだと思いますが、今回の作戦でマッケイの罪悪感のような物を感じる事はできますね。大迫力の戦闘シーンはスタート...

(改めて)スターゲイト:アトランティス シーズン4 71話「活路」

71:活路:BE ALL MY SINS REMEMBER'D再放送でようやくリカバリーしました~。続く72話はオンタイムで鑑賞も、シーズン4の鍵となる本エピを観てないと、イマイチでしたし~。で、本エピ。コールドウェル大佐にエリス大佐(大佐、大佐~という冒頭のやりとりは爆笑)、そし...

molly2368

stargate Abiding Love
本星「海外ドラマ☆SFワールド」からペガサス銀河の「アトランティス」へようこそ!
スターゲイトファンの皆様、宜しくお願いします(更新不定期中;

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。