2009/12/13

スターゲイト:アトランティス 70話「2つの運命」

This Mortal Coil
STORY: Brad Wright, Joseph Mallozzi and Paul Mullie
TELEPLAY:Joseph Mallozzi & Paul Mullie
DIRECTED:William Waring

何故かゲイトが開かない。
ゲイトの故障原因を探っているとセンサーには感知できない物体がアトランティスに落ちてきた。

アトランティスに落ちてきた物体にはナナイトコードが!
そして、オープニングクレジットにトーリ・ヒギンソンさんの名前ありで、今回のお話はレプリケーターであることは想像できますがまさか~でした。

今度はマッケイのラボで爆発が起きる。
落ちてきた物体プローブに起爆スイッチが仕込まれていたのだろうか?

「皆の様子が変だ、どことなく別人のような気がする」とロノンがシェパードと話している。
何時もの武道の練習中のこと、ロノンの一発がシェパードに!
しかし、シェパードの傷は消えてゆき~。
レトロウィルスに感染したかも、シェパードは血液検査をする。

マッケイは生命探知機を見ると生命反応がない~。
そんな中である部屋に生命反応が。
そこへ行ってみるとなんと!エリザベスじゃないですか!!!
エリザベスによればシェパード、マッケイ、ロノン、テイラらもここで作られたと言う。

SFではクローンなど、自分が2人いたりするエピソードを目にするが、まさかアトランティスという街規模でのレプリケーター複製とはちょっと想像してなかった。

生命探知機で生命反応がないのはレプリケーターだったからですね。
ロノンがシェパードに「抵抗は無駄だよ」にニンマリ~(^^;)。

マッケイがベースコードを書き換えるまでは自由に姿を変えることが出来なかったレプリケーター。
だが、今はどんな姿にでもなれる。うひょ~、それって液体型ターミネーターさんみたい~。

シェパードら4人とエリザベスに生命反応があったのはレプリケーターとは違い、生身の人間だったからでナナイトによって組織細胞に必要な変更がされていた。
母星に侵入した探検隊からの情報で最新のものにアップデートまでされていたというのが、すごいなぁぁぁ。
でも、これでエリザベスは亡くなっていたことが判明しました(悲)。

ここは、一部共同体の中に隠れ潜んだニアムの仲間でオベロスとは違う一派でした。
高みに昇るための魂と呼ばれるものを研究して手に入れようとしていた。
オベロスは高みに昇ることを諦めてレイスとの戦いに勝つ戦術として人類の抹殺に着手していた。

あのプローブはオベロスが送り込んだもので、破壊しきれなくて落ちてきたのだ。

シェパードたちにそっくりに作られている複製さんたちは、考えることも本物と同じとあればアトランティスから脱出することを考えないわけがない。
ここにいれば記憶を消されて人体実験が続けられる。それよりはここから脱出したほうがましと。
しかし、オベロスに見つかり複製のアトランティスも破壊されていく~。
アトランティスが破壊されていくシーンは悲しいけど、こういうシーンは滅多に見られないです。
あ~一番高い塔の頭が海に沈んでく・・・。

ステルスモードのジャンパーで船のあとをつけて大気圏外へ出る作戦にでる複製シェパードたち。
この時、レプリ・ケラー先生が協力してくれました。
大気圏外へ出たら船がハイパージャンプの時にへばりつく~。
あとは寝てればレプリ母星へ着くはず。
本当にマッケイと瓜二つ、思い切り寝入ってる(爆)。
あとは母星でハイパードライブ付きの船を盗み、ニューアソスへ向うだけ。

凄い勢いで造船されてました。

本物のアトランティスでは。
ゲイトが開き、M34-227のジョーダン少佐の信号が送られてくる。
ジョーダン少佐「中佐と話したいという人物がおります」。
それはびっくりエリザベスでした。

シェパードたちは早速エリザベスに会いに向い、自分たちの複製ともご対面~。
シェパード「この前、もう一人の自分と会ったときは殺しあった」。
ロノンは顔がひきつっている。
シェパードは複製エリザベスから本当のエリザベスの話を聞いていました。
マッケイはレプリ。ケラー先生からのお土産に歓喜。
しかし、複製エリザベスたちの船には発信機が隠されていたようでレプリケーターの母船がやってきた。

エリザベスは本物のシェパードたちを逃すためにオトリになると言う。
人間であることを証明したいと・・・。
オトリになったエリザベスらの乗るジャンパーはドローンに落とされ、レプリらが確認に来ると、ええっー複製のシェパードが不気味な笑みを浮かべ、傷が消えてゆく~。

アトランティスではエリザベスの私物を地球に返す話などをしんみりとしているシェパード。
レプリのケラー先生が複製マッケイにお土産にもらった装置をいじるマッケイ。
銀河中のレプリのオーロラ級の戦艦をリアルタイムで追跡が出来る。

マッケイの「うそだろうー」「なんってこった!」
って何?何?なにーーー!!



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

レプリのアトランティスが破壊される映像は、カーターが死にゆく予言者に見せられた映像と同じでしたよね。
まさかこれを予言していたのでしょうか。
今回のオベロスの攻撃で、ニアムの仲間たちは全滅したと考えてよいのでしょうね。やはりレプリケーターが高みに昇るのは難しいと思います。
それと共にコピーでしたがウィア博士の最後のメッセージを伝えてくれたことで、気持ちの整理が付いた気がしました。
きっとあのデバイスを手に入れる代償だったのでしょうね。

josetangelさん、
>レプリのアトランティスが破壊される映像は、カーターが死にゆく予言者に見せられた映像と同じでしたよね。
あっ、そうか!最近同じような光景を見たなと思ったのはダヴォスの予言だったんですね。

レプリケーターにも高みに昇りたいと思う一派がいるというのは想像もつきませんでした。
確かにレプリケーターが高みに昇るのは難しいでしょうね。
オベロスはそれを知っているから人類抹殺の道へ進んだのでしょうか。

ウィアー博士は救えなかったですね。
ウィアー博士が生きているという望みはなくなってしまいました。
いつかはハッキリさせなければならないことですがあっけなかったと思いました。

No title

モリーさん
コムトライヤー^^
ご無沙汰♪

いやぁ、この回と次の回は
もう テンコ盛でしたね~

まずは この 複製レプリのお話

SG-1の
コピーロボットを思い出しましたね^^

オニール対オニールのように
取っ組み合いするシーンは このまえ見せてもらったし

意気投合する Wマッケイも

パラレルワールドのサムたちのように
めっちゃ意気投合してましたね(笑)

『初めて信頼できる相棒にめぐり合えた』ってw

そして ウィアー博士・・・


ですねぇ、今後も 楽しみな展開ですネ

ゲストすごすぎですね(笑)

でも、予算が・・・(;´▽`A``

この回は サムがいなかったし

次の回は ケラー先生がいないし


ときに フォードは どぅした~~~~(苦笑)

完全にスルーされてますねw

へっきーさん、コムトライヤー

お久しぶりなのにお返事遅れちゃいました、スミマセン。

コピーロボットありましたね、オニールVSオニール。
もうこういうのは楽しいので何度でも見たいな(笑)。

ゲスト凄いですね。
次回はアポロにダイタロスにゲストにテンコもり。
次の回でサムが言った「壮観」という言葉がぴったりでした。
しかし、あの方ラスト怖かったです。
お会いできて嬉しいんですが、どうなるんでしょう。

フォード、懐かしい~。
懐かしいといえばレトロウィルスのレイスさんもどこに行ったんでしょうね?

トラックバック

#70 This Motal Coil (1)

『2つの運命』 シーズン途中で中休みに入る前のエピソードですので、盛りだくさんな内容ですね。懐かしいあの人も登場。ショッキングなエンディングと感情的な場面が印象的です。ここまでのレプリケーターにまつわるストーリーについては、方向が示されたと思いますね。...

molly2368

stargate Abiding Love
本星「海外ドラマ☆SFワールド」からペガサス銀河の「アトランティス」へようこそ!
スターゲイトファンの皆様、宜しくお願いします(更新不定期中;