2009/11/20

スターゲイト:アトランティス 67話「誰もいない村」

Missing
WRITTEN: Carl Binder
DIRECTED: Andy Mikita

アソスの民の星に行くことになったテイラとドクター・ケラー。
ドクター・ケラーは他の星に行くのは初体験。
アソスではダンダル祭が予定されて楽しいものになるはずだったが・・・。

ゲイトの先にはアソスの民の姿は誰ひとりとしていなくなっていた。
レイスに襲われたのだろうか?

不穏な人影、それはレイスではなくボラ・カイだった。
ボラ・カイって最初は、なまはげを思い出したんですが、よく見ると映画「猿の軍団」ってな感じでしたね。

仲間に会いにくるのに武器など持っていないテイラ、ここから2人の逃亡劇がはじまる~。
ドクター・ケラー、初任務にしてとんでもないことになっちゃいましたね。
ケラー先生、逃げる途中で足首をねんざしちゃうし・・・。

子供の頃に10日間のサバイバル経験のテイラとサマーキャンプ中途脱落のケラー先生じゃ、どう見ても違うよね。
つり橋を渡るのに怖がるケラー先生、先生の気持が痛いほどよくわかる。

アソスの武器庫はからっぽ。ボラ・カイとの戦いになぜ武器が?
ボラ・カイは先端技術の武器は持っていないのに・・・。

ボラ・カイから逃げる途中でお腹を刺された男と出会う。
だがアソス人ではなかった。
ケラー先生は傷の手当てをしてあげる。
その男はなんとジェナイのナベルと名乗る。

アソスの隠れ家まで男を運び、一夜を過ごすことになる。
夜食は地を這う虫?うえ~。

ナベルは、アソスの集落にスパイとしてもぐりこんでいたという
ボラ・カイがレイスにアソスのことを伝えて狩があったというが、この男がとんだ食わせ者だった。
テイラたちが持っているランシャンのものに興味深々のナベル。

翌日になりやっとテイラとケラー先生の帰りが遅いことで連絡をとるシェパード、しかし応答なし。

アソスの隠れ家もみつかり、とうとうテイラとケラー先生はボラ・カイに捕まってしまった。
ボラ・カイのボス?の話じゃボラ・カイがこの星に着いたときにはアソスはからっぽだったという。
そうなんです!レイスの崇拝者はナベルだったのです。

ボラ・カイもテイラたちがどこから来たのか興味深々。
テイラのを助けたければゲイトアドレスを教えろとケラー先生につめよるボラ・カイ。
ケラー先生は無人のゲイトアドレスを教えたようですが、今後の伏線になるんでしょうか。

ボラ・カイからテイラたちを逃したのはナベルだった。
ナベルもアトランティスのゲイトアドレスを聞きたがってました。
ここはドクターだけにケラー先生、なかなか強い。
ケラー先生にナベルのことは撃てないだろうと言われるが、「癒し手は患者がいないと・・・」と言って足を撃ったのでした。

アトランティスからシェパードとマッケイ、ロノンが救助にやってきた。
マッケイ、お尻に矢が刺さったことを思い出し、撃ちまくってましたね。

アトランティスに無事に戻り、でもテイラは精密検査で何かあったようです。
もしや妊娠してる?

テイラ、ケラー先生にアソスのカノンの話をしていましたよね。
カノンは、リーダーの資質にあふれているが慎重にしすぎる。昔からの幼なじみだとか。

出かける前に2人に声をかけるシェパード「これは~これはデートかな?」とも言ってましたよね。

ケラー先生はしばらく休暇をとって父親に会いにいくようでした。先生一人っ子だったんですね。

その後、マッケイら調査チームが星に行ったが、ボラ・カイもナベルも誰もいなかった。
ナベルはゲイトでどこかへ逃げたようだった。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ニュー・アソスにはどれくらいの人たちがいたのでしょうね。常にああいうテントで生活しているのかな、彼らの生活の様子を見ると、やはりテイラは部族のリーダーだったのだなと思いますね。
そして、サバイバルもできて闘う事ができるのも納得です。
ケラー先生は、軍医だったフレイザー先生と違って、基礎的な訓練などが違うのでしょうね。こうした経験を積み重ねて頼もしい医師になるのではないかと期待しています。
それにしても、ナベルは怪しい男でしたよね。レイスの手がいずれまたアトランティスに届きそうです。

josetangelさん、

>サバイバルもできて闘う事ができるのも納得です。
テイラがシェパードを相手に武術稽古するとき強いですもんね。
アソスの人たちがもぬけの殻だった様子はショックでした。どこかで生き延びてくれてるといいんですが。

ケラー先生は他の惑星へ行くのが初めてでしたものね。それにしては、よくやったんじゃないかと思います。芯は強い人だからもっともっと大きくなりそうですね。

ナベルは、怪し過ぎです!
そしてレイスはレプリとの戦いが一段落したらアトランティスに矛先を向けそうですものね。

あのボラ・カイ、ロノンも知ってましたがペガサス銀河では有名なんですね。
いろいろな惑星に現れるんでしょうか。

No title

モリーさん、こんにちは~。

本エピの中で、こりゃスゴイと思ったのは”吊り橋”。
あんな怖そうな”吊り橋”、この為に用意したなら予算的にスゴイし、既存のを使ったならばロケハン部隊の仕事、スゴイし~です。なかなかな出来映えだったように感じました。怖くて渡れんなぁ~(苦笑)。

hiroakiさん、こんばんは。

つり橋、凄かったですね。
ケラー先生でなくても足がすくんじゃいます。
つり橋の予算も凄かったんでしょうか。
サムの登場もなかったし、シェパード君たちも出番が少なかった~(^^;)
でも、テイラとケラー先生のお話、面白かったですね。

トラックバック

#67 Missing

『誰もいない村』 新医療主任Dr.ケラーを紹介すると同時に、テイラの別の面を見せていくエピソード。と言っても、これまで似たような話がいくつもあってあまり変わり映えがしなくて、出演者も少なくてとても地味なんですけど。(爆)ただ、あの吊り橋はこの撮影のために?...

スターゲイト:アトランティス シーズン4 67話「誰もいない村」

67:誰もいない村~MISSINGケラー博士とテイラが主役の”バディ(相棒)”モノ。アソス人の村へ向かう2人。単純な探査任務と、初の上陸任務にケラー博士はドキドキ。しかし到着したら廃墟となっていた!村には数人のボラガイ(野生的な集団)がいた。逃げようとする2人だ?...

molly2368

stargate Abiding Love
本星「海外ドラマ☆SFワールド」からペガサス銀河の「アトランティス」へようこそ!
スターゲイトファンの皆様、宜しくお願いします(更新不定期中;