2009/10/16

スターゲイト:アトランティス 62話「ZPM強奪作戦」

LIFELINE

WRITTEN :Carl Binder
DIRECTED:Martin Wood

タイトル通り「ZPM強奪作戦」のはじまり~はじまり~。
それのみならず見所の多いエピソードでした。

今回の作戦にはエリザベスが欠かせない。
レプリの星に着いたら体内のナナイトの力でメインフレームにハッキングしてレプリたちを操り、一番近いZPMを見つけさっさと頂き逃げ出す。
エリザベスはレプリの動きも探知出来るはず。

ジャンパーでレプリの星に向かうのはシェパード、ロノン、マッケイ、エリザベスだ。
レプリケーターにエリザベスのナナイトを支配されたときはナナイトコード抹消の実行をすることになる。それはエリザベスの死を意味する。
エリザベスは「少しでも怪しい兆候が表れたら停止スイッチを押すことをためらわないで」と言うんだよね。

一方、カーターと今回のお笑い担当ドクター・リー(^^)。
ペガサス銀河にゲイトでやってきました。アポロで転送可能な星です。
異星探検にはほとんど出たことがないドクター・リーは楽しそう。
まるで行楽に来ているかのよう。
写真を~と思ったところに転送ビームが!
ドクター・リーのシャッターチャンスはアポロの中になっちゃいました(爆)。

カーターはアトランティスがハイパースペースを早めに出てしまったと推測。
センサー回路の改良などでアトランティスをみつけることになる。

強奪作戦組はジャンパーでのハイパードライブが成功。が、予想以上のパワーを消失する。
そして、エリザベスがリンクを始める。
突然エリザベスの目の前にレプリの都市全景が見えてくる。
通路から部屋まで全部が見える。
4番目の建物の最上階にZPMあり!ここならレプリもいない。
ジャンパーがこの建物の屋上に降りた時の効果音がスターウォーズっぽかったな。

エリザベスがシェパードに順路を説明する~。
この時のシェパード、エリザベスを心配そうな顔で見てたな。

建物に入ったシェパードとロノン。
直ぐにZPMを見つける。
シェパードはロノンを「チューバッカ!」って。
レプリたちにハッキングも気付かれずに簡単にZPMを入手。

こんな簡単にアトランティスが終わるわけない!よね。

エリザベスがリンクしている間にレプリの基本コードをさらっていて「聖杯」なるものを見つける。
レプリケーターの存在理由とやらだ。
レイスに攻撃指示をしたコマンドコードが停止させられていたようだ。
レプリを制御出来ないとエンシェントは思ったからか。
それをマッケイが再起動させると言う。
セントラルデータコア、レプリ全員のバックアップ用ハードドライブのようなもの、そこに直接再起動させた攻撃コマンドを打ち込めば完了。
しかし!コアのある場所は都市の中央、辿り着くまでにレプリにみつかってしまう。
もしもエリザベスのナナイトを停止しなければならないことになった時のためにマッケイは監視でジャンパーに残ることになった。

アンチレプリケーターフィールドON!
効果抜群~。なのに簡単に繋ぐだけでいいはずのプラグが反応ナシ。
こうしているうちにレプリは異常なエネルギーを探知していた。
フィールド突破寸前。さすがレプリ早いなあ~。
オベロスはシェパードたちがいることを知ってしまうとエリザベスはジャンパーから飛び出して行ってしまった。
通信でエリザベスのことを聞きシェパードはナナイト停止命令をやむなくする。
しかし、それをエリザベスは受け付けなかった。
停止できないのが良かったんだか、悪かったんだか。。。

シェパード「逃げられないなら任務だけは果たさないと!」ひゃ~軍人らしいわん。

そして、オベロスとエリザベスの再会~。

レプリ、フリーズ!!エリザベスがフリーズさせたのだった。
しかし、そのフリーズも無駄だったか、レプリ動き出してシェパード、ロノン、マッケイまでもが捕まっている。
オベロス、シェパードの頭の中に手を~。
でも、意外にシェパード苦しんでないのは何故???
逆にオベロスが首をかしげた~。
シェパードがエリザベスに変身!このシーン見所でした。
そうなんです、シェパードに見えたのは実はエリザベス。
エリザベスの頭の中だった。

オベロスに心が操れるならエリザベスにも出来る。エリザベスを乗っ取ったという錯覚を見せたのだった。
エリザベスがオベロスに植えつけた架空のシナリオ。
現実は、今もまだレプリはフリーズしたまま。
エリザベスがオベロスの頭の中に手を~。
オベロスがその手をのける。そこへシェパードとロノンがエリザベスを助けにきた。
エリザベスはシェパードたちに逃げてと。

エリザベスを救うことが出来なかった。

ジャンパーへ戻るシェパードたちだがステルス機能が使えない。
そのまま全速力で逃げることになってしまう。
敵機2機を探知、攻撃してきた。
ジャンパーの目の前には大きなスペースシップ。武器に充填してる。ジャンパーびんち!
ジャンパーを狙うスペースシップをまた狙う別のスペースシップ。
抜群のタイミング。そうですアポロでした。
エリス大佐「格納庫の扉を開けてある」。
サムの声が聞けて良かったね、マッケイ。
エリザベスを転送してもらおうとしたがビーコン、キャッチできず。
シェパードの「了解した」の表情がなんとも言えず。いろんな思いを巡らせてたのかなあ。

さあ、今回もう一つのメインエベン
アトランティスは新たなる故郷、M35-117に向かう。
エリザベスの知らない星。
この星には陸地にでかい毒蛇のような生物が住んでいるだけで大気は安定してる。

ZPMセットよし!
ここからはパイロット・シェパードの腕の見せどころ。
大気圏突入角度が急すぎる~のマッケイ。
このシーン、凄いですね。

スピードが落ちきれなくて衝撃の着水、大きな波紋が広がる、迫力満点。
マッケイの理想どおりの着水ならず、マッケイ「激しいKISSだな」←当ったり前よ~シェパードは熱いんです(笑)。
サムは「素晴らしい」って。ちとウルウルきちまった(汗)。

ゲイトが繋がりSGCとの通信も成功。
長距離センサーがレプリ母星からの大艦隊出撃を捕らえ、進路はレイスの星に。
マッケイ大成功。

ラストのシェパードとサムのシーン。
月は5つある星。目視可能なのは2つだけど。
シェパードはサムに昇進おめでとうを。
サムはアトランティスの状況報告にゲイトデでSGCに帰ることになっている。
アポロはもう暫らく軌道上に留まる。

シェパードはエリザベス救出の望みは捨ててないと。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

到着と別離

ウィアとオベロスの騙し合いはすごかったけれど、みんなを救うために犠牲となるリーダーの姿勢には泣けました。彼女は軍人ではないけれどリーダーとは何かを知っている人でしたね。

> 当ったり前よ~シェパードは熱いんです(笑)。

私、この言葉にドキッとしてしまいました。いやーん、想像してしまうじゃないですか。
いすに座ってシェパードがどうやってコントロールするのかわかりませんが、やはり彼でなくてはできないんですね。集中力とかそういうのかな。

josetangelさんへ

>みんなを救うために犠牲となるリーダーの姿勢には泣けました。
仰る通りです。レプリたちに囲まれて逃げられないシーンが忘れられないです。

熱いシェパード、うふふ~いろいろと想像してくださいませ(笑)。
レイス母船に乗り込んだり、レプリ都市に潜入したりと全てにおいて彼は熱いんだろうと思っている次第です。ここぞという時の集中力も凄いんだと思いますよv-42

No title

モリーさん、こんにちは。

出張のせいで周回遅れとなりつつありますが(苦笑)、こちら、エリザベスにもしっかり見せ場があり、かなり楽しめました。やはり「アトランティス」はエリザベスがあっての~と痛感。61話がイマイチだったのはエリザベスが意識不明だったから!なんて感じたりもしました~。

しかしこの結末は仕方ない~。シェパード同様、再び登場する事を切に祈ります。

hiroakiさんへ

こんばんは~。

いろいろと凝縮されていて面白かったですね。
今まではエリザベスあってのアトランティスだったのかもしれません。
シェパード同様にエリザベス救出を諦めてはいませんが、今までと同じエリザベスに会えるというのはなさそうな気がして・・・。

トラックバック

#62 Lifeline (3)

『ZPM強奪作戦』 あまりに邦題がリアルで、バタバタで終わりそうな雰囲気がしますが、もっと切ない面がありますよね。しかも、後々の事を考えると重要な含みを持っていますよね。      

10月14日---第62話「ZPM強奪作戦」

-------------GateWorld "Lifeline" アトランティスが 絶体絶命の状態から抜け出すため、 ZPMがどうしても必要に…。 シェパードらは、選択の余地なく、 レプリケーターの母星から強奪する作戦に出る。 ウィアーを連れていったため、 すんなりと成功するかに思えたが…。..

molly2368

stargate Abiding Love
本星「海外ドラマ☆SFワールド」からペガサス銀河の「アトランティス」へようこそ!
スターゲイトファンの皆様、宜しくお願いします(更新不定期中;