--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/08/03

サンクチュアリ 13話「聖なる血~後編」 Revelations, Part2

シーズン1最終話。
12話の続き~引き続き『スターゲイトSG-1』ではタニスだったPeter Wingfield さんがファイブの一人ワトソン役で出演しています。

アブノーマルの滅亡をくい止めるために純粋なるヴァンパイアの血を求めて迷宮に挑むファイブたちだった。

神殿は破壊されていたがワトソンとウィルが絵と現在地から入り口を推測。
中へ入ってみると、ジョンにやられたニコラ・テスラがいた。
だいぶ前から祖先復活にヴァンパイアの血を手に入れようとしていた。
だが、一人では上手くいかなかったのだと言う。
今回は、ヘレンたちを素直に手伝うことに。

2人一組で、まずはキーを手に入れる。
クララとウィル、ジョンとワトソン、ヘレンとニコラ。

グリフィンの課題に挑むのはクララとウィル。
陰を落とさずに鍵を取りに行く。
神経を集中させないと透明になれないクララは、プロファイラーのウィルに助けられ、なんとか鍵を取ることに成功。
でも、ウィルもクララと同じように裸になるなんて、ちょっと勘違いされそうな美味しいパートナーだったんでは?(笑)。

ジョンとワトソンの課題。
ワトソンが2つある扉のうちのどちらかを選び、ジョンが空間移動する。
前回の話にあったが、もし空間でなければ2人とも死んでしまう恐れがある。
慎重に文字を解読するワトソン。
無事に鍵を取ることが出来たら、もう一つはわりと簡単に鍵を手に入れられた。

ヘレンとニコラ。
ニコラは何度か鍵を取ろうと試みている。
だが、電磁誘導いよる電流発生をくぐりぬけるのは至難の業だった。
ニコラが手に入れた鍵で次の扉を開けると次はヘレンの出番。
2+2 2の2乗 2X2 はいくつ?
単純に4ではなく答えは∞

それぞれに手に入れた5個の鍵をテーブルに置くと扉が開きヴァンパイアの血を手に入れることが出来た。
しかし!ワトソンは簡単すぎる何か欠けているのでは?と疑問を投げかけたが、ここに来てから装置の調子が悪く、ついには装置が止まってしまった。
ワトソンおじいちゃんになり~。ここでワトソンはお亡くなりに・・・。
(タニスの登場はもうないということですね

カバールの研究所に捕らわれたアシュリーとヘンリー。
アシュリーは何かを飲まされ眠っていた。ヘンリーは注射によりアブノーマルに変身しそうになっていた。
ヘンリーは、その力で隔離されたドアをこじあけ、眠ったままのアシュリーを運び出す。
目覚めたアシュリーに銃と携帯を渡し、ヘンリーはコンピュターからデータを拝借。
アシュリーの携帯でジョンがお迎えにきて2人は無事にサンクチュアリに瞬間移動した。
このジョンの力はスタートレックでの転送と似た使い方をしてますね(^^)。

血液を手に入れ一件落着。
しかし、アシュリーは意識をなくし血圧が高い兆候が続いた。

ウィルがこれは罠ではないかと気がつき・・・。
だが、時既に遅し。
ヘンリーが持ち帰ったデータはダミーで、何者かがヘレンのラボから血を消し去った。
ジョンの仕業ではなくアシュリーの・・・。

カバールの研究所で飲んだものは能力を高めるためのものだったのか?
アシュリーにはジョンと同じような力が芽生え始め、新たなアシュリーが誕生するのか。

カバールに歓迎されるアシュリーだった。が、彼女は自分が何をしているかの意識がないようだった。



『スターゲイトSG-1』でもアーサーのお宝探しがあったがこんなに簡単ではなかったことを考えると罠だよなー。
シーズン2は2010年放映だそうで。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

molly2368

stargate Abiding Love
本星「海外ドラマ☆SFワールド」からペガサス銀河の「アトランティス」へようこそ!
スターゲイトファンの皆様、宜しくお願いします(更新不定期中;

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。