2009/07/27

サンクチュアリ 12話「聖なる血~前編」 Revelations, Part 1

アブノーマルの暴力事件が風に乗って広がっている。
空気中に何かあるのか?
自然発生したものか人為的なものなのかマグヌス博士は調べることにした。

『スターゲイトSG-1』ではタニスだったPeter Wingfield さんがファイブの一人ワトソン役で出演しています。


事件の重要な情報を持ってきたとジョン・ダリッドが訪ねてくる。
ジョンは、グラウンドゼロでみつけたという破片を持ってやってきた。
それは何かの散布装置の破片だった。

またイギリスのサンクチュアリの所長ジェームズ・ワトソンも人間とセイウチのDNAを持つ交配種の死体をお土産に参上。ワトソンは160歳で補助装置のようなものをつけて歩いている。

これはアブノーマルだけを狙ったウィルスで人間との戦争が始まろうとしているのか。

緊急時以外は使わないという約束で保管されているバンパイアの血なら抗体がみつけられるかもしれない。
120年前に使い果たされていると思われたバンパイアの血。マグヌスの父親は破棄を嫌がり小瓶に入れて保管したのだ。
これを取り出すことになるが、ファイブ全員のパワーが必要。

サンクチュアリのビッグフッドも感染の兆候が・・・。
実はカバールらの悪巧みでジョンとワトソンをサンクチュアリに送り病原菌を運んだのだった。

アシュリーは血を取りにいくよりカバールの兵器研究所に乗り込み、病原体の散布をとめようと言い出す。ヘレンが行くなと言ってもアシュリーはきかない。ヘンリーももしかしたら散布を止められるヒントがみつかるかもと2人は研究所に向かうことにした。

バンパイアの血はインド側のヒマラヤ、バラサラムにある。古代バンパイア文化発祥の地だった。
しかし、ファイブ全員のパワーが必要でナイジェル・グリフィンを探さねば。
ジョンとウィルが探しに向かった。
グリフィンは亡くなっていたが娘にパワーは受け継がれているはず。
透明になるパワーの持ち主で、ジョンの前に全裸ってうふ。

アシュリーたちは簡単に捕まってしまい、なにやら注射されてしまっていた。

ジョンの瞬間移動は『ヒーローズ』のヒロと同じで他の人も一緒に連れて行ける。
一瞬にして現地に飛ぶが、小瓶の在り処は地下の迷宮だ。
歩いていくことになるが、目の前に広がる風景は破壊されたあとだった。
さて、ヘレン一行様どうする?
コードネームラザラスを阻止できるか?

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

molly2368

stargate Abiding Love
本星「海外ドラマ☆SFワールド」からペガサス銀河の「アトランティス」へようこそ!
スターゲイトファンの皆様、宜しくお願いします(更新不定期中;