--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/03/05

スターゲイト:アトランティス 60話「無謀な先制攻撃」

"First Strike"
WRITTEN : Martin Gero
DIRECTED : Martin Wood

シーズン3のフィナーレ。
シーズン4は今年の夏に放送予定だそうで楽しみです!!


アポロのエリス大佐がアトランティスにやってくる。
エリス大佐、なんだかもの凄いせっかちな人みたい。今そちらにいくと言った瞬間ビーム転送で現れ、来たら「時間がない」ってジャック・バウアー並ですね(^^)。

人型レプリケータの母星を定期的にダイタロスが偵察を続けてきたところによると、2ヶ月前に撮られた写真には何もなかったのが3週間前の写真にはたくさんの船が写っていた。
アポロがアトランティスにやってきたのは12時間後にアトランティスチームとともに母星を攻撃するためだという。

シーズン3のフィナーレは対レイスではなくレプリケーターでした。

マッケイとシェパードは、PWARW(プラネタリ・ワイト・アンチ・レプリケータ・ウエポン)が完成するまで待ったほうがいいと今回のミッションには賛成しかねている。
ウィアー博士も無意味な先制攻撃であり却って危機を呼び寄せてしまうと反対する。

PWARWとはアスガードが発明した星ごと消し去る衛星兵器。エリア51でコピー中。

シェパードのミッションはステルスモードのジャンパーで星に接近して核爆発の被害状況を確認する。

ホライズン、一つから6発もの核弾頭が発射されるのですね。

ミッションは成功でシェパードも船は全て破壊したと話しているそばからコンタクトが!
不穏な物体はアトランティスのある星の周回軌道上に現れる。
アポロで偵察すると、見かけは人工衛星だが、なんと!!!スターゲイト!!
ゲイトが開くとアトランティスに向きを変え攻撃のビームが!

あの衛星は骨組みだけの宇宙船でエンジンと航法システムとシールドしかない。
動力源はゲイトが開くまで、骨組みだけの宇宙船を目標位置まで運びシールドを立ち上げるパワーしかない。ところが一旦ワームホールが形成されてしまうと向こうでダイヤルした何者かがビームを送り込むことで攻撃と同時に衛星にもパワーを送れる。向こう側にパワーの供給がある限り兵器は稼動し続ける。そしてゲイトが開いていることでアトランティス側からゲイトが開けない。

ゲイトが開いていることで相手方とコンタクトはとれることからウィアー博士は話し合いをしようとする。
相手はオべロスで、通信周波大気を通じてウィルスを送り込もうとする。

38分が経過してもゲイトは閉じない、海に潜ることにする。エンシェントが現れシステムをいじってから海に潜るのがまた可能になった。時間稼ぎにしかならないが海に沈めば衛星からのビームが分散され弱まるかもしれない。そうすればシールドは更に持ちこたえる時間が長くなる。

しかし、結局9時間しか時間は稼げなかった。

何も出来ないというロノン。ここでシェパードの映画ネタ。
今回は「ファンタスティック・フォー」。シェパードによれば自分は天才科学者でロノンは岩石男、マッケイが人間松明でテイラが透明人間だって。
テイラ「どうして、あなたが天才科学者なの?」映画を知らないテイラはマジ顔(爆)。

シェパードに閃きが~。
パワーさえあれば!あの海底基地とは供給パートラインは接続済みだが、まだパワーが足りない。
一時的にシールドのパワーをカットすればいけそう。
それには周回軌道にある2つの衛星にローン少佐率いる編隊を組んで塊を動かしてもらう。
そう!アトランティスを飛ばし、一番近い無人の星M12-578に向かうことになる。
ここは広い海がある。

いよいよショータイム!
しかし、パワー不足で高度が上がらない。シールドの全てのパワーをスタードライブへ。
でも、でも、シールドが閉じきれないままビームがタワーを直撃、ウィアー博士が・・・。

そしてハイパースペースは入ったが直ぐに出てしまった。ハイパードライブが動かなくなったのだ。
ここはどこ???
パワーは24時間分しかない、それを過ぎればシールドが切れて・・・。

次シーズンへ続く~!!




シーズン1とシーズン2のフィナーレではシェパードが行方不明というシチュエーションでした。今回はアトランティスそのものが迷子になってしまうという、今までとは違ったドキドキ感のまま続くでした。

シェパードがエンシェントの椅子に座りアトランティスを飛ばしましたが、彼は静より動のほうがカッコいい。
衛星の動力源の元を潰しにいかないとと言うシェパードがシェパードらしくて良かったです。

動といえば衛星を動かすためにF302に乗るローン少佐がカッコ良かった。結局、私ってパイロットフェチなのかしらん(笑)。

アトランティスは海底からの浮上シーンは始まりましたが、その最初に戻るべく潜り、そしてまた浮上。そして宇宙へ飛ぶ!
新しいレプリケータのテクノロジーなどシーズンフィナーレに相応しい、壮大なアッと驚くシーンを見せてくれてとても満足なシーンフィナーレでした。

ただ、ウィアー博士はどうなるのでしょう。この前ベケット先生がいなくなったばかりなのに。
まだオープニングクレジットにベケット先生の姿がありますが、シーズン4は新しくなるのでしょうか。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

大満足のシーズンフィナーレでしたね!

最初から最後までドキドキのシーズンフィナーレでした!

エリス大佐はどうしても好きになれません・・・命令系統に従っているだけなんだとわかってはいるんですが、態度が傲慢に思えて・・・シェパードも表情に不満が表れていましたよね。

やっぱりレプリは強敵です。レイスよりも恐ろしいのでは・・・(焦)
アトランティスを守るためにみんなが協力する姿には感激でした。
ロノンの「化学を学んでいれば・・・」には仲間を守りたい気持ちがひしひしと伝わってきました!

>動といえば衛星を動かすためにF302に乗るローン少佐がカッコ良かった。結局、私ってパイロットフェチなのかしらん(笑)。
気持ち、わかります!!私もパイロット姿をみるとテンションが上がってしまいます!ローン少佐、かっこよかったですもん!そういえば、ローン少佐役の人、以前バトルスターギャラクティカに出てましたよね。すぐ死んじゃうパイロットでしたけど。

アトランティスメンバーはこの事態にどう対処するのでしょうか。
夏が待ちきれませんね!

シーズンフィナーレ

ユキさん、こんばんは!
さすがアトランティス、大満足のシーズンフィナーレでしたね。
エリス大佐、私も好きになれません。
シェパードを高く評価しているところだけは良し!と思いましたけど(^^;)。
やっぱりエリザベスを差し置いたやり方にはシェパードも不満だったのじゃないかな。
>やっぱりレプリは強敵です。レイスよりも恐ろしいのでは・・・(焦)
そうそう、レプリは全く聞く耳を持ってないですよね。攻撃あるのみだし、ちょっとでも生き残りがいれば強くなって再生してしまいます。
パイロットはカッコいいですよね。
ローン少佐、The4400やヤング・スーパーマンにも出演してましたが、バトルスターギャラクティカにもですか!再見してみます♪
早く続きが観たいですよね!
ちゃんと夏放送とあったのは嬉しかったです~。

おっしゃる通り、シーズン4最終話近くでベケット先生が戻ります。メイン・キャストが代わります。SG1のサマンサ・カーターが着任。ウィアー博士の運命は…予想外です。シェパードはよりリーダーらしくなり、カッコいいアクティブなエピソードが増え、家族も登場(シェパードって実は…)。マッケイとの絆も強く、あるエピソードでシェパードに『計り知れないほど貴重な存在』と言わしめるほどに。この時のシェパードの行動も含めシーズン4は予想外の展開が多く見応えありです。特に最終話THE LAST MAN 見逃せません。 それとローン少佐ファンの方に。シーズン4の彼はクールです。彼と並ぶとシェパードが軍人ぽく見えない…。

マイカさん、
>おっしゃる通り、シーズン4最終話近くでベケット先生が戻ります
ええっー、ちょっと想像はしてたけど・・・。
その理由は秘密にしておいてね。
SGAの壁紙なんかをダウンロードしているとサムがいるんですよね。
そしてシェパードがなんか怪しいげな発言するシーンがあったんですがバツ一なのかしら。
とにかくこれ以上は聞かないでおきます。
ローン少佐はこの60話でもクールな一面を覗かせてますが、さらにカッコ良くなってきそうで期待しています。
シーズン4のエピソードのほうも面白そう~。早くシーズン4が観たいです~。

トラックバック

スターゲイト:アトランティス シーズン3 60話「無謀な先制攻撃」

60:無謀な先制攻撃~FIRST STRIKEシーズン・ファイナル!クリフハンガーとなっちゃいましたね~。どうなるアトランティス?どうなるエリザベス??という事で、早く続きを観たい!です~(苦笑)。

molly2368

stargate Abiding Love
本星「海外ドラマ☆SFワールド」からペガサス銀河の「アトランティス」へようこそ!
スターゲイトファンの皆様、宜しくお願いします(更新不定期中;

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。