2009/02/11

スターゲイト:アトランティス 57話「何げない日曜日」

"Sunday"
WRITTEN: Martin Gero
DIRECTED : William Waring

タイトル通り何げない日曜日♪
シェパードは無理やりロノンにゴルフを教えたり、ウィアー博士はデート、マッケイはベケット先生からメインランドに釣りに誘われていたのにドタキャンって、何げなく楽しんでいたら・・・。
え、ええ、ええっーー!!

ショッキングで書かずにいられないのであります。以下ネタバレあります。

普段はあまりアトランティスのメンバーのプライベートが覗けないので楽しんでたんですがねぇ。

テイラとヒューストン博士が意味深(テイラが思っている人のことみたいでシェパードのこと?ともとれる)な会話をしたあと爆発が起きる。
テイラがこの爆発に巻き込まれるシーンから。
3時間前、5時間前、14時間とフラッシュバック形式。

3時間前、エリザベスはマイク・ブラントンにランチに誘われ、テイラとのランチの約束を断る。
ランチデートに行く前にベケット先生と遭遇。ベケット先生、嬉しそうに僕はロドニーとメインランドに釣りに行くんだとニコニコ。ベケット先生、エリザベスに「香水も素敵~」。

5時間前、テイラとロノンにゴルフを教えようと無理やり練習に誘うシェパード君でありますが、テイラには逃げられちゃいました。
で、ロノンにゴルフレッスンと思いきや、ロノンは片手でドライバーをぶんぶんふりまくり、ものすごい飛距離(シェパードあんぐり)。
一緒に練習していたワトソン。結構いいスイングしてましたワトソンも。
シェパード君は6歳からゴルフをしているとか。
ここにベケット先生が現れ、ワトソンは胸の痛みを訴えていてる。(あとから思うと腫瘍だったのかと・・・)。

このあとロノンとセティーダの伝統的なスポーツ。しかし!全く歯が立たないシェパード(^^:)。

14時間前、マッケイはヒューストンとワトソンにお小言。正体のわからない装置のスイッチを勝手に入れたと。放射線が出ているとわかり直ぐにスイッチを切ったと言うヒューストンとワトソン。
ベケット先生の診断でも何も悪いところはみつからなかった。

マッケイはベケット先生から釣りに誘われたが、行きたくなかったマッケイはケイティとランチデートの約束をとりつける。なんとマッケイは口実をつくりベケット先生との釣りをドタキャン。

2時間前、ベケット先生は釣りに行く相手をみつけるためにチェスクラブにラディックに会いにいく。ラディックはチェスで大勝ち、絶好調で釣りを断る。

今度はローン少佐のところへ現れるベケット先生。ローン少佐は絵を描いている。母は美術の教師。ローン少佐は絵を仕上げたいと、またも釣り行きは断られてしまった。

釣りに行く相手がいなくてベケット先生は、仕方なく溜まったペーパーワークをかたずけることにする。
やることがなくなり当直を代わることに(うーん、運命はそっちのほうに動いてる、、、)。

そしてテイラが爆発に巻き込まれたシーンに全てが繋がって一つになる。
テイラはシェパードといやでもゴルフの練習に付き合っていれば爆発に巻き込まれなかったのだが。

この爆発、テロ?かと思われたがエンシェントの兵器の一つだった。
というのは爆弾の痕跡が全くない。
装置の放射能を浴びると体の中に腫瘍爆弾が出来てしまうというもの。なんと恐ろしい、誰がこの腫瘍を抱えているかわからない。

このテイラが重傷になった爆発に巻き込まれたワトソン。
ワトソンの治療をしていたベケット先生に腫瘍爆弾を持っていることを知らせても、彼らしいギリギリまで治療を続けた。
そして、これを取り除き、爆弾処理班に渡すが間に合わず。
ベケット先生は爆発でお亡くなりになってしまいました。

正装をして皆がベケット先生を送る(シェパードの正装はキマッてた)。
スコットランド出身でバグパイプの演奏がBGMに(スタートレックのスコッテ
ィを思い出したりして)。

ラストにはベケット先生とマッケイが何時までも友達だと言うシーンが!

IMDbでベケット先生の出演エピ数が少ないことからラストまでは登場しないことは知りつつ、ここであの終わり方とはショッキングな!
ベケット先生はこいういう形でなくアトランティスを去るものと思っていた。
スタートレックの新作映画に出演が決まったことも知っていて、あまりアトランティスの最後を思うことはなかっただけにショックでした。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

たった今!

観ました、モリーさん!

何だか突然過ぎる!

フレイザー軍医の死を思い出しました。あの時も突然。今回も~突然。何も死なせなくても~。

hiroakiさん、こんばんは。

仰る通り!死なせなくても転属とかのカタチではダメなんでしょうかね?
突然すぎて信じられなくて、もう一度爆発シーンを見直しちゃいましたよ。
スターゲイトの軍医は危険ということなんでしょうか。
フレイザー軍医の時もショックでしたよね。

こんばんわ^^

観ましたよ、本当にショッキングでした・・・
このエピソードは以前ネットで1回観たことがあって、そのとき思わず号泣してしまいました。
なのに今回も悲しくて涙が・・・
ベケット先生がいなくなるなんて(泣)
ラストのマッケイとベケット先生のシーンはすごく感動的でしたよね!背景も美しかったです^^

ユキさん、こんばんは。
ここまで観てきたアトランティスのエピで一番ショッキングなエピソードでした。
信じられない、どこかで助かってないかななんて…。
そうそう、ラストのマッケイとベケット先生のシーンは涙、涙。
背景も綺麗だし、2人がとっても穏やかに話していて、そこがまた泣けてきちゃいました。

唖然としました。。。

楽しげな休日エピソードだなと。
最初はおもってましたよ。

なんだあの最後は!!
まさかの展開に、しばし呆然。。。
こんな風にベケット先生が退場するとは思ってませんでした。
しかも、こう言ってはなんですが、本筋に関係の無いエピソードじゃないですか。
終わるまで信じられなくて、きっと生きてる、まだなにかどんでん返しがある、なんて思い、見てました。

役者さんの都合なんですかねえ。

モリーさんどうも^^

昨日のヤングスーパーマンをみて

爆発の側で倒れてたラナを救ったクラーク

ベケット先生も同じように救い出してくれたら~
な~んて 想像しちゃいました(苦笑)

いつだったかSG-1のほうで オニールたちが
クラークみたいになったのがありましたが
あれがあれば・・・な~んて 妄想でした^^;

みにまるさんと同じで信じられませんでした。
いつものようにアトランティスだと、どんでん返しはあるものと思いました。
この降板は役者さんの都合なのか理由は分かりませんが、ベケット先生がこんなカタチで、さようならするなんて悲しすぎますね。

へっきーさん、どうも。
今週の「ヤング・スーパーマン」観ました。
爆発からラナ救われてましたね。

超人マッケイがラディックの傷を治したことも思い出しました。エンシェントのテクノロジーで何か出来たかもとか、いろいろ想像してしまいますね。

トラックバック

スターゲイト:アトランティス シーズン3 57話「何げない日曜日」

57:何げない日曜日~THE SUNDAY一斉休暇の日。エリザベス。基地に訪れていたマイク・ブランドンにランチに誘われる。「アニーホール」より「恋人たちの予感」が好きと言う。「そんな女性は友情否定論者」と言われながら、キスされたり~。またシェパードとロノン。馬鹿話...

molly2368

stargate Abiding Love
本星「海外ドラマ☆SFワールド」からペガサス銀河の「アトランティス」へようこそ!
スターゲイトファンの皆様、宜しくお願いします(更新不定期中;