--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/11/03

隔週刊スターゲイト5号

5号からはパッケージが変わると聞いていたのですが、DVDと本誌が別々になりました。
これで分解する作業をすることがなくなりましたね。

↓こんな感じ~。外側のカバーのところに全員プレゼントの応募券が付いてますからお忘れなく。
DVD

ミッションレポート……エピソード15~17
人物情報ファイル……ジョナス・クイン エイドリアン・コンラッド
惑星データ……ネトゥー
バックグラウンド……ワームホール理論 SGチームのすべて
ウエポン&アイテム……ホームダイヤルの設計図 光の装置
メイキング……アスガードの撮影方法
エイリアンデータ……レプリケイター
スターゲイト用語集……BI~BY

人物情報ファイルにジョナス・クインが掲載されているからか、本誌の表紙はオニール、カーター、ティルク、ジョナスのSG-1。
5号はアスガードの撮影方法やワームホール理論などなど読み応えあり。

ミッションレポート
15話「地球に来た罠」
カサンドラ初登場のエピだけに報告者はカーターになってる。
カーターは、仕事では自分の感情をうまくコントロールできていたが、今回のミッションでは不可能だったと。
SGCが天体観測基地を設置したのが惑星ハンカ(P8X987)で、ここはニルティが住民を実験台にしていた所だった。

16話「恩讐の彼方に」
惑星カルタゴ(PX1279)
報告者はティルク。
「おれは、自分の運命を受け入れる覚悟をした。」このあたりの潔さはティルクらしい。

17話「トランの謎」
トラン人、メイボーン初登場。
報告者はオニール。
オニールらしい爆弾発言多々で報告書はなかなか面白い(笑)。
最後オニールの報告書は「ノックスは最高だよ。」で締めくくられている。

惑星データ
ネトゥー
ここはスターウォーズでも出てきたような火山地帯の惑星。
ネトゥーにはスターゲイトがないため着陸には小型ポット使用。
ソーカーが支配する惑星デルマクを周回する月で囚人が送られる牢獄。

バックグラウンド
ワームホール理論
ワームホールと言えばスターゲイト。ということで理解できれば面白さは増すのでは。
という自分も何度も読んでもインプットされないジャンル(汗)。
ブラックホールの性質とは全く逆がホワイトホールなんだー。
ブラックホールが物質を無限に吸い込んでいくのとは逆に物質を吐き出すのがホワイトホールなんだって。

SGチームのすべて
17チームが結成されてきた。
科学チームや医療チームなど目的別に編成されている。

エイリアンデータ
レプリケイター
虫の様な姿のおもちゃだったのが脅威となる。
人間形は英語を話すことが出来る。

ウエポン&アイテム
ホームダイヤルの設計図 
不明な用語で書かれた注釈が。

光の装置
84話で発見された装置でオニールの身長と台座の高さが比べられた図が解りやすい。

人物情報ファイル
待ってました!のジョナス・クイン。
オニールの報告によるとやる気がありすぎるのが問題だとか(笑)。

エイドリアン・コンラッド
多国籍企業ゼタトロン社の会長で優れた企業家だったが、ゴアウルドの宿主となる。
第2のスターゲイトを使ってロシア軍が生け捕りにしたクロノスのジャファから取り出した奇生体を手に入れ、難病を治すために自ら宿主となる。
初登場エピは99話

メイキング
アスガードの撮影方法
アスガードが生きているように見えるのはスタッフの努力の賜物なんですね。
機械仕掛けの人形を2体つくり、動かすのは人形師が。
まばたきや目、眉、あご、表情の変化は遠隔操作で行われている。
頭部は曲げることもできてうなずく動作などが出来るようになっている。
人間の俳優を撮影するより多くの時間がかけられている。

コンピューター生成画像(CGI)の過程なども書かれている。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

molly2368

stargate Abiding Love
本星「海外ドラマ☆SFワールド」からペガサス銀河の「アトランティス」へようこそ!
スターゲイトファンの皆様、宜しくお願いします(更新不定期中;

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。