--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/10/23

スターゲイト:アトランティス 42話「レイス人間」

"Misbegotten"
DIRECTED BY - Martin Wood
WRITTEN BY:Joseph Mallozzi & Paul Mullie

ゲストが盛りだくさん。アトランティスでウォルターが見られるのがいいですね~。
やっぱりSGCとゲイトで行き来できると、お隣さん同士みたいなのがいいです。

ゲストはウールジーにマイケル
そしてレイス人間の中にはテイラの仲間だったホーリング役のChristopher Heyerdahlさんがいました。

SGCにいるウィアー博士がテイラからレイスの母船がアトランティスにコース変更をせずに向かってるとの連絡が入る。
アトランティスではステルスモードを起動、ベケット先生は、ドローンコントロールチェアに座っている。
不安を隠せないベケット先生。1話を思い出します。

アトランティスに向かっているレイス母船は、シェパード達がレイスから奪ったものでした。
ベケット先生、中佐を攻撃しなくてよかったね。

ウールジーさんは、アトランティスに視察に訪れることになる。
ウィアー博士「他の星に行かれた経験はおあり?」
ウールジー「ええ、一度だけ」
直ぐにSG-1の191話だって分かりました。ウールジーさん「死にかけた」って(笑)。

シェパード達が奪ったレイス母船に乗っていたレイス人間は、ある惑星に降ろされることになる。
星で疫病が蔓延して彼らを救出したということにして、レトロウィルスが定期的に注射され、僅かな食料で星に閉じ込められていた。
なんか、反乱が起きそうな気配がするとは思ったが。

完全に人間の姿に戻っていたマイケルはコナー・トリニアーさん、そのもの(笑)。
記憶を操作されていると思ったレイス人間の一人レイサンがいなくなる。
そして、定期的な注射をしなかったことでレイサンの記憶が戻ってしまった。
レイス人間は船を奪い、惑星から脱出しようとしていた。

いなくなったレイサンは事故死体でみつかる。
だが、レイサンはエネルギーを奪われていたのだ。
そう、レイス人間は既にレイスに戻っていた。

レイサンの死体を解剖したベケット先生は、事故死に見せかけた殺しではないかと気付いた。
事故現場に確認しにいくと血痕がなかった。
確信を得たベケット先生だが、マイケルに拘束されてしまった。
そして、ベケット先生以外は餌にされていた(泣)。

レイス人間キャンプの惑星からアトランティスに戻っていたシェパードたちは、ウールジーの面接を受けることに。
シェパード中佐はウールジーさんと初対面だったのですね。

ウールジーにかっかするシェパード中佐。
ウィアー博士に「あの、てかり頭をぶん殴ると、君はどうなる?」と聞くシェパード中佐だった。

アトランティスでは長距離センサーがレイス母船をキャッチ。
レイス人間キャンプがある惑星へ向かっている。

ダイタロスはハイパードライブの修理でまだ動けない。
奪ったレイス母船で惑星へ向かうことに。
エンシェントのテクノロジーはエンシェントのDNAに反応するのと同じでレイス母船もレイスのDNAに反応する。
テイラがレイス母船のパイロットに。なるほど~、ここでテイラのレイスDNAが役立つのか。

レイス人間キャンプの惑星の周回軌道に乗せたテイラ。すると二次システムが動き出す。
惑星のレイスに反応したのだろう。

マイケルたちがベケット先生を拘束したのは惑星に仕掛けられた罠を知るためだった。
そのために惑星に仕掛けた爆弾は起爆せず。
ジャンパーでベケット先生を救出してレイス母船に戻ったシェパードは惑星のキャンプ地を狙えと。

しかし、レイス母船が現れテイラのレイス母船が攻撃された。

テイラのレイス母船を追ってきたダイタロスだが、ハイパースペースを出るとレイス母船の残骸がたくさん。
生存者はなしかと思われたが、ジャンパーで脱出していたシェパード達。
ステルスモードのジャンパーはダイタロスの上に。

キャンプ地のレイスたいの生死は不明。
さて、どうなる?


シェパード君、だいぶ強引でしたね今回。
相変わらずダイタロスはウルトラマンでした。
ダイタロスに救われるだろうということと、ジャンパーで脱出していること、レイスが反乱を起こすことは今回、分かっちゃいましたね。
レイス母船のシステムが判明したことが収穫でしょうか。
レイス母船の操縦室は「アンドロメダ」っぽかったですね。








スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

この回のポイントは、人間に戻ったレイスたちのシルバーブロンドな長髪です。(爆)
それにあわせて、つなぎも白なんですものー。
そして、ウールジーとコールドウェル大佐との腹の探り合いは「大人のスターゲイト」という感じでニヤリとさせられました。
暴走しがちなシェパード中佐をウィア博士がしっかりコントロールしているところが良いですね。
それにしても、ウールジーさん、大活躍ですね。

josetangelさん、レイス人間さんホント白で統一されてましたね。どんな色にも染まるってことでもなかったですね。
ウールジーとコードウェル大佐の2人も面白い取り合わせでした。また、この2人の腹の探りあいあるかしら(笑)。
暴走しまくりシェパード君、ウィアー博士がいなくなったらどうしましょう~。
ウールジーさんSGCでもアトランティスでも大活躍ですね。
マイケルはほんと行き場をなくしてますよね。

モリーさん、こんにちは。

ようやく鑑賞~です(苦笑)。
地味~にウォルターが映ってましたね(笑)。

そんな中、今回の大活躍はウールジー、そして中活躍はコールドウェル大佐でしょうか?

エリザベスに理解を示すウールジーは、例のヴァーラとのセクハラ疑惑の際にはコメディでしたが、今回はシリアス。堅物から少々まろやかとなっていて今後に期待です!!

またコールドウェル大佐は、前シーズンの中で悪者に寄生されましたけど(苦笑)、アトランティスにはなくてはならない守護神になってますね~。かな~り無理してます、ダイダロス号!!

そしてコナー・トリニアーさんは、今回は特殊メイク少なめでした。素顔を晒すのは◎です。次もあるでしょうね~。

hiroakiさん、こんばんは。
SG-1と2夜連続放送だと楽しいけど、次が直ぐにやってきますね。
ウォルターが地味に映っているのが、またツボです(笑)。
ウールジーさんもですが、コールドウェル大佐もこんなに活躍するとは思っていませんでした。メイボーンみたいです(笑)。
ダイタロスはウルトラマンと名前を変えたいくらいですね~。

コナー・トリニアーさんの素顔をもっと見たいですね。
どんな風に次は登場するのか楽しみです。


トラックバック

スターゲイト:アトランティス シーズン3 42話「レイス人間」

42:レイス人間~MISBEGOTTENこれまた前話からの続き。奪取したレイス船にいた約200名のレイス、そしてマイケルを、ある惑星でレトロウィルスを使って人間に戻そうと試みるベケット先生。しかしマイケルはその企みに(結果)気づき、保安部隊を殺戮、そしてベケット先生を...

molly2368

stargate Abiding Love
本星「海外ドラマ☆SFワールド」からペガサス銀河の「アトランティス」へようこそ!
スターゲイトファンの皆様、宜しくお願いします(更新不定期中;

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。