2008/09/14

スターゲイトSG-1 171話「銀河大戦争 後編」 "Reckoning PART2"

宇宙の全生命を滅ぼす威力を持つエンシェントの兵器がダカラの寺院にあると知ったSG-1は、カーターの提案で兵器を対レプリケーター用に調整、全銀河のスターゲイト・ネットワークを通じて、一気にレプリケーターを滅ぼす作戦を立てる。一方、ダニエルを捕らえたレプリ・カーターは、彼からエンシェントの知識を得ようと画策する。(AXNより)


レプリケーターを一掃するのにダカラのエンシェント兵器を対レプリケーター用に調整して、スターゲイトネットワークを使う。
それには一斉に全てのスターゲイトを繋がなければレプリケーターの一掃は出来ない。
以前にバールは全部のスターゲイトを繋いで攻撃したきたことがあった。
バールに協力を得てレプリケーター一掃をする。
いやーびっくりですよね、バール閣下の協力のもとですからね。
バールは実にずる賢いんですよ。アヌビスに仕えるフリをして自分が全部を握る時期を待っていたのです。

レプリカーターは誘拐したダニエルの頭の中からダカラの場所を掴み、総攻撃をかけてくる。
SG-1にもレプケーターがお送られてくる。
レプリカーターは地球は襲わないとダニエルに約束したのに。
でも、ダニエルにもレプリカーターの頭を覗く力が備わった。
地球を攻撃するレプリケーターがわかり約束は守られないことを知る。というより最初からダニエルは信用してませんでした。

レプリカーターはウを殺したときと同じ、手の先を剣に変化させ、ダニエルを刺すのだった。
この一瞬、レプリケーターの動きが止まった。
レプリケーターの能力にしても、あることに集中すると全てのネットワークにアクセスできないようだ。
ダニエルを指した瞬間、レプリケーターの動きが止まったのはそれが理由。
このおかげでダカラからスターゲイトを通じてレプリケーター一掃をすることが出来た。

ダニエルが死んだのは2回目。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

モリーさん、こんにちは。

ターミネーター化したレプリ・カーター。
ボーグ化したレプリケイター。

過去のSF作品のエッセンスを上手に作品に取り入れる(パクる?)シリーズであった事を再認識(苦笑)。

とにかくダカラ目指して入り乱れる展開が、SG-1の2話連続モノの中でも忙しくて、私も記事にするのには手こずりました(苦笑)。

hiroakiさん、こんばんは。

レプリケーターがリンクしているところはボーグそのものでしたね。

>過去のSF作品のエッセンスを上手に作品に取り入れる
SFモノだと、多少なりともどこかで見たようなというものが含まれていますよね。
スターゲイトらしく仕上がっているのが良かったと思いながら見ました。
でも、でも一つだけ言いたいことがある~。
SG-1が4人というのも絶妙だと思っていたので、シーズン8でオニールが現場から抜けるのが多いことだけが残念だった。

>SG-1の2話連続モノの中でも忙しくて、
そうそう、目まぐるしい展開でしたね。
記事UPお疲れ様でした。
目まぐるしい展開、アトランティスに受け継いだような気もしました。
SG-1(初期)の情報量より多いアトランティスと記事を書いてみて感じたことです。(^^;)。

molly2368

stargate Abiding Love
本星「海外ドラマ☆SFワールド」からペガサス銀河の「アトランティス」へようこそ!
スターゲイトファンの皆様、宜しくお願いします(更新不定期中;