2008/09/14

スターゲイトSG-1 169話「理髪師ジョーの奇妙な夢」 "Citizen Joe"

オニールの自宅に突然、銃を持った男が現れる。ジョーと名乗るその男は、ガレージセールで不思議な石を手にした瞬間からSG-1の活躍するヴィジョンが見えるようになったという。それ以来、仕事が手につかず家族にも見放されてしまったジョーは、オニールにそのヴィジョンが事実だと認めさせようと試みたのだが…。(AXNより)

2週連続でオニールの自宅に男が侵入、前回はキンゼイでした。

この石もシーズン9で登場しますよね。
ジョーのヴィジョンで見るSG-1の若いこと~(笑)。
ジョーのヴィジョンから見るSG-1の奇跡の総まとめといったところでしょうか。

「ジョーを演じているドン・カストレートはアニメ「シンプソンズ」で父親ホーマー・シンプソン役の声優として有名である。「スターゲイト」ではかねてよりオニールが"「シンプソンズ」の大ファンである""ゲイトで探検に行く前にはビデオ録画をセットしている"などのセリフがあるが、実は製作者のマイケル・グリーンバーグとダミアン・キンドラーが同作の大ファンであるために、こういった設定がなされた。」
これはAXNのサイトにあったもの。

ジョーの日本語吹替えの声優は『エイリアス』でお馴染みのマーシャルをされている岩崎ひろしさんだった。岩崎ひろしさんは、スター・ウォーズではC3PO。

ジョーのヴィジョンで登場した100話記念エピで使われた「Wormhole X-treme」のナレーションが『プリズン・ブレイク』のティーバックの声優、若本則夫さん。
ヴィジョンで登場してもクレジットされていました。

オニール曰く「卓球は決して下手じゃない」(笑)。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

molly2368

stargate Abiding Love
本星「海外ドラマ☆SFワールド」からペガサス銀河の「アトランティス」へようこそ!
スターゲイトファンの皆様、宜しくお願いします(更新不定期中;