2008/09/03

スターゲイトSG-1 156話「新しい秩序 後編」 "New Order PART2"

再び始まったレプリケーターの侵略からアスガードの母星を守るため、トールはオニールからエンシェントの知識を取り出し、対抗武器を作ろうとティルクと共に地球へと向かう。一方、フィフスに捕えられたカーターは、激しい拷問を受け意識を失うが、目覚めた時、ある異変に気づく…。(AXNより)


トールの乗るアスガード艦の名前はダニエル・ジャクソン(笑)。
ダニエル・ジャクソンと意識が繋がっている。って船のことでした。
オニール、ホログラムで現る~。

アスガードでもエンシェントのテクノロジーを全部は解明できていないという。
エンシェントはアスガードより更に進んだ種族というのが分かりますね。

オニールの意識からレプリケーターへの対抗武器が完成するが、使い方が分からない。
意識を探るのに人間型レプリケーターをダニエル・ジャクソンに転送しちゃうとはなんともねー。
危険になったら宇宙に放り投げると言っていたが、抵抗にあい失敗。
オニール、とっさに武器を持ちレプリケーターに向けると粉々に。

元気に元通りになったオニールはティルクを見て、「ティルク毛が生えてるぞ!」(爆)。

カーターは無事にフィフスから戻ってきたが、またもアスガードの対抗武器から逃れたフィフスは、レプリカーターを作ってしまうのだった。

ハモンド将軍は中将に昇進。オニールは准将に。
ウィアー博士は、南極のエンシェント砦の調査の監督になり、オニールはSGCの司令官となる。

カーターは中佐に。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

molly2368

stargate Abiding Love
本星「海外ドラマ☆SFワールド」からペガサス銀河の「アトランティス」へようこそ!
スターゲイトファンの皆様、宜しくお願いします(更新不定期中;