--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/07/20

スターゲイトSG-1 126話「異形の超能力者」 "Metamorphosis"

オニールはアレブランの星が、ゴアウルドのニルティの仕業で、大変な事態に陥っていることを知る。SG-1らは異星に出動すると、ニルティの実験材料にされ、不気味な姿に変形した住民達を発見する。オニールは彼らを救出しようとするが…。(AXNより)

ロシアチームがゲイトより登場。
そのロシアチームが連れ帰ったのはニルティがマシンにかけて人体改造された人。
フレイザー軍医の必死の助けも及ばずに水と化してしまった。
ニルティは理想の宿主を求めてホクターを作っていたのだった。

オニールたちはニルティから住民を救出するために出かける。
だが、ニルティを神と信じている住民たちはオニールらの話を聞こうとしない。

ニルティの実験にされている住民たちは特別な能力を持ち、ティルクとジョナスはテレキネシスに檻に入れられてしまう。
重量感のあるティルクとジョナスが簡単に檻に吸い寄せられるように入ってしまう。このシーン、絵的に面白かった。

ロシアチームの一人とオニール、カーターも住民に捕まりティルク、ジョナスと同じ檻に入れられる。
ロシアチームの一人はSGCに運ばれてきた男と同じように水と化してしまう。
ニルティの装置にかけられる水と化してしまうようだ。
次に装置にかけられたのはカーター。具合が悪くなるカーター、危ない~。
オニールがカーターに「少し休め。」カーターはオニールの肩をかりる(^^)。

ジョナスはニルティのお気に入りで何もされることはなかった。

オニールは住民の一人にニルティの心を読んでみれば納得できるはずと言うが、神の心を読むのが怖かったのだ。そう言われてニルティの心を読むと実験のあと住民を殺そうとしているのがわかる。

テレキネシスの力でニルティは首を絞められて死んでしまう。
あっ、カーターが元に戻れないよー。
と思ったら住民はちゃんと元に戻る操作も読み、頭の中に入れていた。

ニルティの装置は住民を元に戻してから壊されることに。


オニール「ドロシー万歳!」
でもこの星の人たちには何のことかわかりませんでした(笑)。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

モリーさん、こんにちは。

因縁のニルティ~でしたが、最後はあっけなかったですね~。

こういった倫理を無視した実験~は、ゴアウルド側だとニルティ、アスガードてもありましたし、地球内部でも最近観た「悪魔の実験」でありました。テーマとしては分かりやすいですよね。

hiroakiさん、こんばんは。
ニルティの最後はあっけなかったですが、科学者としては王道的ラストでしたね。

>テーマとしては分かりやすいですよね。
そうですね。
アトランティスでは地球とは別銀河なので、少し事情が違うというのを直ぐ思い出しちゃいます。

molly2368

stargate Abiding Love
本星「海外ドラマ☆SFワールド」からペガサス銀河の「アトランティス」へようこそ!
スターゲイトファンの皆様、宜しくお願いします(更新不定期中;

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。