2008/07/16

スターゲイトSG-1 124話「狙撃、暗殺!」 "Smoke & Mirrors"

キンゼイ議員が何者かの狙撃によって殺害された。防犯カメラに姿が映し出されていたオニールは容疑者として逮捕されるが、SG-1は彼の無実を証明するため捜査を開始。かつてSG基地を混乱に陥れたエイリアンのコピー装置が悪用されている事を発見する。(AXNより)

キンゼイ議員のRonny Coxさん登場。

エイリアンのコピー装置とは58話で使われたもの。

カーターとティルクは宿主の関係で58話でもコピーされていない。
ハモンド将軍のコピーは粉々に爆発したのでコピーはなし。
この3人以外の12人のSGC関係者のコピーがエリア51に保管されているはずが、一つが偽物とすり替えられていた。

カーターはNIDバレット捜査官と協力してオニールの無実を証明する。
バレット捜査官は裏のドロドロしたものにちょっと嫌気がさして、カーターに協力的。
それともカーターだったから協力したか?(笑)。
爆発に巻き込まれそうになった時にカーターをかばったと言うバレット捜査官だが、ちょっとカーターとの接近時間が長かったぞ。
前回のジョナスもだったけど、カーターとだと男性陣は素になっちゃうみたい。

カーターとバレットがお互いに機密事項を隠していてバレる瞬間が面白い。
バレットはケンゼイが生きていることを、カーターはコピー装置のことを隠していた。

裏そしきの会合シーンがまたツボ。
だって、ジョナスの声とハモンド将軍の声がするんだもん。
ジョナスの声は透き通るような高音で、とても裏組織のおじ様には似合わない(笑)。

キンゼイ議員が入院する病院にデイビス少佐に変身して、トドメをさそうとするシーンからカーターが変身していたシーンまでがサイコーでした。

ラストキンゼイ議員とオニールがメディアの前にての握手シーン。
キンゼイ食わせ者だけどアッパレだわ。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

molly2368

stargate Abiding Love
本星「海外ドラマ☆SFワールド」からペガサス銀河の「アトランティス」へようこそ!
スターゲイトファンの皆様、宜しくお願いします(更新不定期中;