2008/07/16

スターゲイトSG-1 123話「幻覚?奇妙な虫」 "Sight Unseen"

SG-1が異星のエンシエントの遺跡から未知のエネルギー波を発信する装置を持ち帰った直後、ジョナスが奇怪な虫が飛び回っていると騒ぎ出す。当初、その虫は彼にしか見えず幻覚と見なされるが、他の2人も目撃し、遂には発砲騒ぎまで起きて、事態は深刻化する。(AXNより)


P9X-391から持ち帰った装置のことをオニールが「大型の虫殺しかなんかじゃないですかね!」と言ってます(笑)。


そのオニールが言ったのはまんざらハズレでもない。
異次元の虫が見えてしまう装置だったのです。
つまりパラレルワールドの虫たち。
ちょっと怖いですね。

最初は、その虫がジョナスにしか見えなかったので、働きすぎだとSG-1には休暇を与えられます。
そしてまたしてもオニール、カーターを釣りに誘うが断られるー(^^)。
そして、誘われなかったのはジョナスだけでティルク「誘いのないのを幸せと思うんだな」。ティルクは釣りが嫌いって蚊に襲われたからかなー。

この虫が見える人と接触してしまうと伝染病のように広がるというものでした。
それを知らずにオニールはガソリンスタンドで給油。
ガソリンスタンドの人、バーノン・シャープさんがオニールから伝染。

この人を探すことになります。
まずはシャープさんのオウチにカーターとジョナスが訪問。
ここでシャープさんのママにカーターとジョナスがお似合いだと言われてカーター演技。
ジョナス否定したものの、カーターに便乗。あれカーターの手を握ってますジョナス。
ちょっとやりすぎです!!!

シャープさんは封鎖されたエリアから逃げてしまいます。
カーターたちはママの話からシャープさんが幻覚を見てしまうことを知り、オニールに連絡。
オニールがシャープさんを上手く説得するシーンがとっても良かったです。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

molly2368

stargate Abiding Love
本星「海外ドラマ☆SFワールド」からペガサス銀河の「アトランティス」へようこそ!
スターゲイトファンの皆様、宜しくお願いします(更新不定期中;