--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/06/13

スターゲイトSG-1 96話「神殿に潜む人食怪獣」 "The Tomb"

SG-1とズーコフ大佐を隊長とするロシア兵のチームは、1年経っても帰ってこないチームの救出を名目に、P2X338へ出向く。その神殿内部で、1年前のロシアの調査隊が何者かに食われた死体で発見される。神殿内には正体不明の食人怪獣が潜んでいたのだった…。 (AXNより)


73話「水の惑星」
に登場のマーコフ博士(ディアナのマリナ・サーティスさん)の名前が出てきたものの姿はなし~、残念~。

神殿はピラミッドのようでしたが、ジックラッドと言うんですね。
ロシアチームの救出だったのに、ズーコフ大佐はゴアウルドのテクノロジーが目当てでした。
ティルクがロシアにもNIDのようなものがあるんだろうなんて言ってましたが。

それはピアマトの目と呼ばれている丸い形をしたものでした。
まんまとそれを頂戴してポケットに入れちゃうズーコフ大佐でしたが、なんと人食い怪獣にゴアウルドが寄生していて大騒ぎになります。
誰に寄生しているのか?お互いに疑いの目を向け、ズーコフ大佐とオニールはお互いに銃を向け、一歩も引きません。

ロシアチームの一人に寄生していて、ズーコフ大佐が手榴弾をお見舞いすることにより危機を脱しますが、それによりジックラッドが崩壊します。なんたって古い神殿ですからね。

ダニエルのほうは壁の文字を解読して転送リングがあることをみつけます。
このリングでしか脱出方法はないのです。
ズーコフ大佐はゴアウルドとともに瓦礫の下敷きになってしまいました。

SG-1とロシアチームの一人だけが無事に帰還。
それに対してロシアは黙っていません。
ロシアチームが戻ったのはたった一人だと。
オニールはロシアとはもう組まないと怒ってました。

ロシアは目的のためなら犠牲は惜しまない。
それが、今回、そのまんまになったようでした。
オニールの気持ちはよくわかりますよ。
オニールの警告にロシアの大佐は耳をかしませんでしたし。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

モリーさん どうも^^

目的のためには 部下をも見殺しのやりかたは

オニールには どうにも我慢ならないことなんでしょうね~

古代バビロニア神話の女神の ティアマト
苦い水(塩水)という意味らしいです^^

へっきーの好きなゲーム『ファイアーエムブレム』のキャラにも
ティアマトって 女のキャラが出てくるので
お~♪ と思いみてました^^

ティアマトの目・・・竜の目でしょうか(笑)

あと ラーの目、オシリスの目、アポフィスの目でしたっけ?

結局 アヌビスが全部集めちゃうんでしたよね

でも 結局その目については 深く言及されませんでしたね^^;

へっきーさん、どうも~。

>目的のためには 部下をも見殺しのやりかたは

そうですよね。決して味方は見捨てないオニールですもんね。

ティアマトでしたか。これ記憶に残ってなかったです(汗)。
やっぱり復習は大事ですね^^;

ロシアの大佐はティアマトは何だと思ってたんでしょう。

molly2368

stargate Abiding Love
本星「海外ドラマ☆SFワールド」からペガサス銀河の「アトランティス」へようこそ!
スターゲイトファンの皆様、宜しくお願いします(更新不定期中;

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。