2008/05/26

スターゲイトSG-1 87話「コピー・ロボット」 "Double Jeopardy"

かつてオニール達SG-1のコピーロボットを作ったブリキ人間ハーランが、助けを求めてやって来る。コピー達が約束を破り、スターゲイトを使って宇宙探検を行い、通常24時間で引き上げていた所、遥かに過ぎても戻ってこないという。(AXNより)

ブリキ人間ハーランのエピソードは、19話「ブリキ男」
惑星P3X989での出来事。

ダブルSG-1が面白かった~。
ハーラン「コムトライヤー」

そして、コピーロボット達がスターゲイトで訪れたのはP3X729、へルアーのジャファと戦いジュラ人を解放し、ゲイトを埋めるように言った星。
だが、クロノスが宇宙船でやってきたのだ。

ハモンド将軍「君のロボットはモデルと同じく命令を守れないタイプのようだな」(爆)。
さすがSG-1のモデル達です。探検に出かけたくてうずうずしていたんですね。

最初のシーンでダニエルの頭がふっとんじゃったのにはびっくり。
それよりジュラ人のダリアンは、神クロノスがロボット・ダニエルを見て驚いたことのほうがびっくりだったと言う。これでダリアンは神クロノスを信用できなくなった。

オニールVSオニールを見たカーターの「大変、興味ある対決」
「一人でも変だから、二人なら…」など、可笑しい~。
しかし!後半のSG-1ロボットたちの活躍が凄い。
やっぱりSG-1のダブルにはクロノスも叶わない。
クロノスは死んだのでした。

最初に頭がふっとんだダニエルは本物も登場なしでしたね。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

モリーさん、こんにちは~。

ハモンド将軍「君のロボットはモデルと同じく~」、直後のオニールの顔が印象的でした~。ユーモアに富んだハモンド、いいですね~。

またサムも~。ハモンドだと嫌味に聞こえるのがサムだとそうは聞こえない~。サムの人柄と同時に、鈴木さんの吹替の素晴らしさを感じました~。

hiroakiさん、こんばんは~。

ハモンド将軍って司令官としてお堅いだけではないところが素敵です。
ドラマの中で上司を選ぶならハモンド将軍~って以前から言い続けてますが(笑)。

サムも含めてスターゲイトの面々の言うことに嫌味がないのが観ていて、もの凄く楽しい理由の一つですね。
仰るように鈴木さんの吹替えも素晴らしいです。
きっと鈴木さん自身も素敵な方なんでしょうね。

molly2368

stargate Abiding Love
本星「海外ドラマ☆SFワールド」からペガサス銀河の「アトランティス」へようこそ!
スターゲイトファンの皆様、宜しくお願いします(更新不定期中;