2008/05/25

スターゲイトSG-1 84話「禁断の光の宮殿」 "The Light"

異星のゴアウルドの宮殿で、不思議な光の投影装置を見つけたSG-5は、専門調査の為ダニエルを呼んだ。ところが地球に戻ったSG-5とダニエルの身に変調が起こり、一人は自殺し残りの隊員も重体となって病床につく。原因は光にあるらしいが…。(AXNより)

最初にバーバー中尉がゲイトに飛び込み自殺というショッキングなシーンから始まります。
光の投影装置があったのはP4X347
SG-5同様にダニエルも自宅のバルコニーから飛び降りようとしていた。
そこへオニールが現れて事なきを得るが、その後ダニエルは昏睡状態になってしまう。

ダニエルを救うために、もう一度P4X347に原因究明に向かうSG-1。
そこにはロランという子供がいた。

ロランとティルクの会話から、ティルクが101歳で47日後に102歳になるとわかる。

あの光の投影装置はゴアウルドが残したもので、反抗的な人間の奴隷を骨抜きにするものだった。
ロランの両親はこの宮殿の外で白骨化していた。

装置を直ぐに止めるのではなく徐々に弱めていくことで元に戻れることが判明。
ロランという新たな友達を連れてSGCに無事帰還するSG-1だった。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

molly2368

stargate Abiding Love
本星「海外ドラマ☆SFワールド」からペガサス銀河の「アトランティス」へようこそ!
スターゲイトファンの皆様、宜しくお願いします(更新不定期中;