2008/05/20

スターゲイトSG-1 81話「陰謀の連鎖反応」 "Chain Reaction"

突然ハモンドが司令官職を辞し、バウアー少将が司令官としてやって来る。彼はカーターにナクアダ爆弾の製造を命じ、スターゲイトである星に送って爆発させる。だがカーターの危惧した通り、連鎖反応により星そのものが大爆発を起こしてしまい事態は深刻に…。(AXNより)

ハモンド将軍を退役に追い込んだのは影の巨大組織により、孫達がが浚われ脅しをかけられたからだった。
ハモンド将軍がSGCにいるかぎりNIDはハイテクが入手できずに焦っていた。

オニールは将軍を復帰させるために連邦刑務所に囚われているメイボーンと接触。
メイボーンとともに行動することになる。

チャーリズ・ブリス(メイボーンの偽名のひとつ)の友人キンゼイ議員を頼り向かう。
この日キンゼイ議員宅ではパーティーが行われていた。
オニールとメイボーンがスタスキー&ハッチの名を語る~(爆)。
キンゼイ議員NIDとも関係があった。

SGCではバウアー少将が強行でナクアダ爆弾をある惑星にゲイトで送った余波が…。
ナクアダ爆発で惑星はプラズマの熱級に変り、エネルギーは無限に。
ゲイトは繋がりっぱなしだ。
ゴアウルドでさえもゲイトは38分間しか繋いでおくことは出来ないとティルクが言った言葉を思い出す。
放射能がSGCを汚染、アイリスは真っ赤になりこのままでは地球規模の汚染に~。
退避をするしかないというギリギリのところでなんとかゲイトが閉じた。

ハモンド将軍がSGCに帰ってきたが、オニール「魂を買い戻して~」
メイボーンはどこかの楽園で楽しい日々を送っているようだ。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

molly2368

stargate Abiding Love
本星「海外ドラマ☆SFワールド」からペガサス銀河の「アトランティス」へようこそ!
スターゲイトファンの皆様、宜しくお願いします(更新不定期中;