2008/05/18

第77話「僕はエイリアン」"Point of No Return"

オニールは、スターゲイトのことで電話をしてきた男と会う。その男は、自分はエイリアンでCIAの監視を受けている、スターゲイトを使って故郷の星に帰りたいと訴えるが、彼がエイリアンである証拠がない。しかもゲイトの事をなぜ知っているか謎であった…。(AXNより)

ジョークネタはドーナツねたでした~^^

そしてエイリアンの専属医師の声優さんがまたまた「プリズン・ブレイク」のティーバック、若本さんでした。

エイリアンだという男はマーティンという名で、オニールとファミレスで御対面。
CIAの監視を受けていると思っているマーティンは用心深く、オニールに隠しマイクが付いてないか調べる。
オニールが何も持っていないことで安心するマーティン。そこを厨房にいるティルクが監視カメラを向けている~(爆)。

その様子を車中のモニターで監視するダニエルとサム。
ダニエル「張り込みは初めてだ。映画だと、ここでドーナツを食べる」
けっこう楽しんでませんか?ダニエル捜査官(笑)。

そして、今日のティルクは帽子のマレーで下界を楽しんでますね。

だんだんと記憶を取り戻してくるマーティン。
実は脱走兵だったのです。そして、宇宙船というのは脱出ポットで、自分の意思で船から脱出したのでした。そのポットに一緒に乗っていたのがマーティンの専属医師たちだったのです。
CIAの監視ではなく、同じポットに乗っていたエイリアンでした。

マーティンが持っていたゲイトアドレスの地へ行きましたが、戦争の痛々しい後でした。
さて、マーティンが触って起爆装置が起動してポットは爆破しちゃいましたから、共にやってきたエイリアンたちはどうしたのでしょうね?


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

molly2368

stargate Abiding Love
本星「海外ドラマ☆SFワールド」からペガサス銀河の「アトランティス」へようこそ!
スターゲイトファンの皆様、宜しくお願いします(更新不定期中;