--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/05/07

新アウターリミッツ 20話「呼吸する家」

GyaOの「新アウターリミッツ」放送はタイムリミットが近づいていますが、この20話はスターゲイトSG-1のファンにはタマラナいキャストです。

主演のミッチェルは、26話で登場のキーパー、ドワイト・シュルツさん(スタートレックのバークレイ)。

ミッチェルと行動を共にするのはリンダのアルバータ・ワトソンさん(『ニキータ』のマデリーン)。

TV画面の中に映るはシェブロンマンのウォルター。

ロスはメイボーン!声はハモンド将軍の宝亀克寿さん。

廃墟と化した一軒の家で若いカップルが行方不明になってしまう。青年の母親リンダはその家に息子の霊がいると信じるが、そのことに否定的な心霊現象研究家ミッチェル。そこでリンダは事件の調査を依頼することに。ふたりが廃屋を調べていると、リンダは壁に取り込まれた息子の姿を目にする…!(GyaOより)

ロスって警察の人なんですよね。それがメイボーンだったのにはびっくり~。
お騒がせメイボーンが警察側の人ってのがね。その声がハモンド将軍なものだからなんかニヤリとしちゃいます。

最初のシーンでTV画面に映るはウォルターですが、ミッチェルにインタビューしてる姿が。
自分自身のTV映りをチェックするミッチェルが見ているTVの中のウォルターですが、目立ってます!

また、マデリーンがお母さんってのも、「ニキータ」では想像がつかない姿でした。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

molly2368

stargate Abiding Love
本星「海外ドラマ☆SFワールド」からペガサス銀河の「アトランティス」へようこそ!
スターゲイトファンの皆様、宜しくお願いします(更新不定期中;

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。