2008/05/06

新アウターリミッツ 13話 14話 15話 16話

新アウターリミッツにはスターゲイトの役者さんがたくさん出演しています。
13話「慈悲と愛」にはアトランティスのサムナー大佐
14話「愛の強さ」にはローン少佐
15話、16話「サンドキングス(前後編)」にはハンク・ランドリー将軍

13話「慈悲と愛」
地球人とエイリアンとの長きに渡る戦いの中、地球人捕虜となってしまったスコークス少佐。強制連行された収容施設で士官候補生の女性ブリーと出会う。ブリーは捕虜にされて以来、度重なる手術によって徐々に人からエイリアンへと改造されていっているという。過酷な状況下、スコークス少佐はブリーと共に脱出を試みるが…。(GyaOより)

アトランティスのサムナー大佐のロバート・パトリックさんはスコークス少佐で、ブリーが『スタートレックDS-9』のエズリ、『デッド・ゾーン』ではサラのニコール・デボアさんなのですが、この二人が同じ部屋に捕虜として入れられてしまいます。
この2人の関係が少しづつ変化していくところなどは見所です。
このオチが怖いけどサイコー。
これは面白かったです。


14話「愛の強さ」 
恋人同士のジェイとハンナは深く愛しあい、結婚を誓う仲だった。結婚までは純潔を守り続けたいというハンナを大切に想うジェイ。しかしある晩、謎の生物にとりつかれたハンナは、次々と男を求め誘惑するように。ハンナは男たちを体に吸収し、自らの養分へと変えてしまう恐ろしい生物へと変貌を遂げてしまったのだ!(GyaOより)

ローン少佐はハンナに吸収されてしまう男でした(汗)。
ハンナ役は『チャームド~魔女3姉妹』のフィービーなんですよね。
セクシーなフィビーでは誰もが吸い込まれちゃいますね。


15話「サンドキングス(前編)」
火星から持ち帰った生物の孵化に成功した主任研究員サイモン。しかし研究途中でサンドキングと名付けたその生物が脱走、政府は危険だとして研究の凍結を決定しサイモンは解雇されてしまう。“偉大な研究”を諦められない彼はひそかに卵を持ち帰り、自宅で研究を続ける…。(GyaOより)

16話「サンドキングス(後編)」
サイモンは火星生物サンドキングに高度な知能が備わっていると確信していた。研究用に改造した自宅の納屋で彼らを飼い、苛酷な環境下に置くことでその学習能力を研究し続けるのだった。家族をも犠牲にし、一心不乱にのめり込むサイモンが彼らの脅威に気付いたときにはすでに手遅れで…。(GyaOより)

シーズン1唯一の前後編ものにランドリー将軍が主演のサイモン役。
科学者によくあるタイプで見ごたえがありました。
ボー・ブリッジスさんの科学者タイプを見たのはお初。
「CIA:ザ・エージェンシー」では長官役でしたし。
ロン毛に髪を束ね、家庭のキッチンではレタスをちぎる姿が。
しかし、ラストは凄いことになっちゃいます。
科学者のエゴで起きてしまったことでした。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

molly2368

stargate Abiding Love
本星「海外ドラマ☆SFワールド」からペガサス銀河の「アトランティス」へようこそ!
スターゲイトファンの皆様、宜しくお願いします(更新不定期中;