2008/04/25

スターゲイトSG-1 61話「火の雨」 "A Hundred Days"

貴重な鉱物資源ナクアダを有するイドーラ星に出かけたSG-I。土地の人が「火の雨」と呼ぶ大流星群の天体ショーを見る機会を得る。だが、そのスケールに疑問を抱いたカーターとダニエルは、流星の動きと地層を分析。150年置きに流星群が地表を直撃している事実を突き止める。果たしてイドーラ星の住民を救うことが出来るか?(AXNより)

火の雨は流れ星でチューラクではタレバトライと言う。
ちょっと見、あの火の雨がドローンのようにも見えたり。

150年置きの流星群が地表を直撃している、その時がSG-1らが訪れているマサにその時。
住民らを地球に避難させようとするが、一部の人たちはSG-1がそのあと、この土地を乗っ取るのではないかと信用してもらえない。
また、レイラの子供ギャラントも居なくなり、捜しに行ったオニールはゲイトが埋もれて地球に帰れなくなってしまう。

地球のSGCではオニール行方不明のまま捜索が打ち切られようとしている。
しかし、カーターもティルクも諦めない。

イドーラに残されてしまったオニールの気持ちが時が経つにつれ変化が。
地球に帰れないと諦め、イドーラで一生を過ごそうと決めたオニールはレイラと…。
オニールの気持ちが微妙に揺れ動いているのが感じられて、いつになく涙を誘う。。。

オニールに制服を処分していいかと聞くレイラ
レイラがオニールの持ち物を処分しようとしたとき通信機からカーターの声がこぼれる。
もう~、たまらんシーンでした。

ティルクがオニール救助に危険な穴掘り。
レイラは通信機からの声が聞こえてきたことをオニールには隠さなかった。
オニールはティルクが真下にいることがわかると穴を無心で掘る。するとティルクの石頭が見えた。

ラブストーリー系の映画やドラマは、あまり好きではないのだけれど何故かスターゲイトだけはウルウルものに。もう~これだからタマランです。また前回のアーゴの物語には笑わせてもらったんで、このギャップが更に相乗効果抜群なんですわ。

スターゲイトを石の輪と呼んでいました。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

モリーさん 毎度!

火の雨 よかったですよね~^^
録画失敗したときは 泣きましたが。・゚・(ノ∀`)・゚・。
レンタルで事なきを得ました。
全話コンプリートにむけて 順調に進んでおります^^

「この石頭の大バカ野郎がぁ」のシーンは
ウルっときましたね~
あと最後の・・・お腹に手を当てるシーン。

アーゴもやってくれましたよネ(*≧m≦*)ププッ
ほんと飽きないですよね♪

へっきーさん、どうも~。
本星からスターゲイトで参上です~(笑)。
録画失敗するとホント悲しくなっちゃいますね。
「ジョリナーの回想」を失敗したのみで、今のところコチラも順調です。

火の雨~たまらないシーンが続出でしたね。

>「この石頭の大バカ野郎がぁ」のシーンは
ウルっときましたね~
あと最後の・・・お腹に手を当てるシーン。

へっきーさん、全く同じシーンでウルってきましたよ。
そうそう、レイラがお腹に手を~のシーンも。

アーゴも面白かったですね。
ハッピーエンドが良かった、めでたし、めでたし♪



うーん。スターゲートのオニールの恋物語。
このところスターゲートを毎日見ています。  Y・k

Y・kさん、こんばんは。
スターゲイトの毎日ですか、いいですね。
オニールの恋の物語のタイトルが「火の雨」ってのが粋です。
言葉少ないオニールでしたが感情が手に取るように伝わってきます。

molly2368

stargate Abiding Love
本星「海外ドラマ☆SFワールド」からペガサス銀河の「アトランティス」へようこそ!
スターゲイトファンの皆様、宜しくお願いします(更新不定期中;