--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/04/21

スターゲイトSG-1 59話「異星間裁判」 "Pretense"

トラン人の星トラナにデスグライダーが不時着、乗っていたスカーラとクロレルが救出保護を求める。彼らの処分を決めるために、地球の裁判にあたるトライアドが開かれることに。クロレル側の弁護人として、ゴアウルドのジパクナが招かれ、スカーラ、クロレルどちらがその肉体を専有する権利があるか、双方の激しいやりとりが始まる。(AXNより)

トラン人ナリムが登場。
アトランティスではウィアー博士の彼サイモンでした。

17話「トラン人の謎」"Enigma" (シーズン1)のトランのその後。

トラン人ナリムにプレゼントしたネコのシュレリンガーがゲイトからアイリスを通り抜けてやってきた。
新しいトラン人のふるさとになった惑星トラナ。
ノックスの協力もありスターゲイトもスリムで新しいものが作られていた。
また、惑星を防御するための兵器も備わっていた。
惑星に近づくへルアーの母艦がこの兵器により爆破され、へルアーの艦隊から逃げてきたのはクロレルだった。

スカーラのトライアド(裁判)、スカーラの弁護人(アーコン)はオニールとダニエル、クロレルの弁護人はアポフィスの重臣だったディパクナ卿。
それにノックスのライアーが加わり、評決をとることになる。

肉体の占有権を争う一方で、カーターとティルクはトラナの防御兵器破壊工作をするゴアウルドを発見する。
カーターとティルクがトラナ人にゴアウルドの破壊工作を警告するが、取り合わない。
ティルクはオニールに内緒でノックスのライアーに頼みごとをしていた。
それは破壊工作に耳を貸さないトラン人を守るため、ライアーに兵器を隠すようにお願いしたのだった。

スカーラ、クロレルの裁判は、この破壊工作のための時間作りだった。
しかし、ディパクナ卿の弁護もうなるものがあった。
ノックスのライアーがスカーラに一票を投じて、無事にスカーラは元のスカーラに戻る。
トクラの技術をかりて、ゴアウルドが取り出されたのだ。

ライアーは武器を隠しただけで、何ひとつ触れていない。もちろん法にも。
オニールとスカーラの熱い抱擁とティルクの機転に乾杯~。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

molly2368

stargate Abiding Love
本星「海外ドラマ☆SFワールド」からペガサス銀河の「アトランティス」へようこそ!
スターゲイトファンの皆様、宜しくお願いします(更新不定期中;

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。