2008/04/06

スターゲイトSG-1 50話「パラレル・ミラーの世界」 "Point of View"

量子ミラーを通って、パラレルワールドからやってきたカーターとコワルスキー。異次元からの逃亡者を迎え入れたSG基地だが、同一世界に同一物質は存在できないという量子力学の法則により、カーターは消滅の危機に直面する。彼女を救うには、ゴアウルド軍団によって征服の危機に瀕するパラレルワールドに戻すしかない。異次元の地球は壊滅の危機を免れるのか?(AXNより)

向こうの世界はゴアウルドに征服って、楽しいミラーワールドエピソードではないにしろ、やっぱりメンバー勢ぞろいには楽しいものがる。
エリア51の量子ミラーから飛び出してきたサマンサ・カーター博士コワルスキー少佐には、思わずニヤリ。

今回は、あちらのティルクにアポフィスもいますからね。
しかし、あちらの世界の悪役には髭があるのは定番なんでしょうか(笑)。
アポフィスの髭にティルクにまで。
しかし、ティルクは自分が自分を撃っちゃうんですから、心境は複雑なんじゃないかと思ったら、あっさりと今の世界が大事だと言う潔さはさすがティルクです。

ダニエルはミラー装置で元の地球を探そうとしていて、ちょっと過去のサムを見ました。
サムが大尉だったことで過去の地球だということに気がついたのは何ともスターゲイトらしいサービスショット(笑)。

また、あちらのサムとジャックがLOVE,LOVE~。
しかも、こちらの世界では大佐と少佐ということで、あちらのサムのようには出来ないんですよね。
ですから、ラストであちらのサムとジャックを鏡の向こうから見ているカーターには何とも言えない複雑な思いがしました。
また、2人いることで綺麗なサムの顔が歪んでくるシーンが可哀想です。

あちらの世界でもアスガード健在。
しかもビーム転送もありました。
あちらの世界で拷問にあったハモンド将軍がアスガードにより蘇生されて戻されたのには良かった、良かった。あの拷問シーンでのハモンド将軍の目から光が飛び出してくるシーンは怖いですよね。
ゴアウルドはどの世界でも恐怖心を与えるのでしょうか。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

モリーさんどうも^^

あちらの世界のアスガード
あっという間に助けに来てくれましたよね~
ゴアウルドよりも強敵はいないのかな

おんなじことこっちの世界でもやってくれりゃ楽なのに
と オニールは思ったでしょうか?(苦笑)
『すごいやつらだ』

うーん 次の髪の長いサム登場が待ち遠しいですね
アッシェン編。

へっきーさん、こんばんは。

あちらのアスガードは素早いですよね。
ハモンド将軍ではなく大佐(^^)、何も言わなくても元気な姿で帰してくれました。
あちらの世界のアスガードの姿も拝んでみたかったです。
どこか違うのかしら。まさか髭はついてないですよね(爆)。

髪の長いサムは魅力的ですね。
次のサム~を思うと早く先へ進まないと(^^;)

トラックバック

スターゲイトSG-1 20話「異次元の地球」\"There but for the Grance of God\"

P3R233の探査に出かけたSG-1、そこはゴアウルドに破壊されつくした星で放射能に汚染され生き物は住めない場所となっていた。早々...

molly2368

stargate Abiding Love
本星「海外ドラマ☆SFワールド」からペガサス銀河の「アトランティス」へようこそ!
スターゲイトファンの皆様、宜しくお願いします(更新不定期中;