2008/04/02

忘れられないアマンダ・タッピングさんのゲストエピソード

4月1日にケーブルTVなどで開局した「Sci Fiチャンネル」で「Xファイル」がシーズン1から放送スタートしていますので、もしチャンスがあればご覧になって見てください。
ウチではケーブルをデジタルに移行していないために「Sci Fiチャンネル」は観られませんが、Xファイルのシーズン3 21話「化身」にゲスト出演しているアマンダ・タッピングさん、カーターが忘れられません。

メリーランド州発 中世の淫魔「クスプス」が現代に蘇る!?
ホテルの客室で変死事件が発生した。死体の第一発見者はFBI副長官ウォルター・スキナー。バーで知り合った女性と一夜を共にし、目が覚めたら隣で首を折られて死んでいたという。彼はウソ発見器にかけられることを拒否したため、必然的に第一容疑者となった。被害者の口と鼻の回りには奇妙な発光物質が付着。さらに彼女が高級デートクラブの売春婦であったと判明する。(FOXのHP引用)

この死体となった、スキナーの隣で一緒だった女性の役だったんですよ。
しかも死後は、このHPにも載っているように、口と鼻の回りには奇妙な発光物質が付着するというショッキングな姿でした。

アマンダ・タッピングさんの役は、カトリーナ・セイルズという法律事務所で秘書をしていた。サイドビジネスのデートクラブの仕事が知れ、懲戒免職になっていた。
字幕版での鑑賞。アマンダ・タッピングさんの声を生で始めて聴いた。
想像していたより、少し低音。スターゲイトの吹き替えは、明るい声質。いつもこのイメージで見ていた。
Xファイルはシリアスなだけに生の声が、このストーリーには合っていた。

サイドビジネスのデートクラブの客がスキナーだったというわけ。
ところが、これは政府の仕組んだ罠、陰謀だったことが徐々に解明されていく。

スモーキングマンの影がワンカットのみ写る。見逃してしまいそうなほど。
スモーキングマンがお目見えするところには、政府の陰謀アリという構図。

スキナーのプライベートが初めて明かされる。ミドコロ満載な今回、ストーリーは凄く面白かったが、やっぱりショック。

キーマンは、次々と殺されていき、また政府の陰謀の犯人は、闇の中。
スキナーのプライベートの隙間を狙い、スキナーを陥れる、巧妙な罠が仕掛けられた。

当然、カトリーナ・セイルズは被害者だったので、前半にしか登場はしなかったが、最後までショックだった。


尚、こちらは本星からの転載記事です。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

xファイルは全部見てたけど、覚えてないや、、、
カーター出てたんですね。
スターゲイトでは吹き替えのおばちゃん声がいつも気になってますが^^; 実際の声は低いんですか。

みにまるさん、カーターが出演していたのは分かりにくいかと思います。
スターゲイトに出演前で、どちらかというとパラレルワールドのサムのほうに近いイメージ、、素敵なお姉さまという感じです。
アマンダさんの声は吹替えより落ち着いていて低いです。
あの声で呼ばれたらシビレちゃうかも~。

molly2368

stargate Abiding Love
本星「海外ドラマ☆SFワールド」からペガサス銀河の「アトランティス」へようこそ!
スターゲイトファンの皆様、宜しくお願いします(更新不定期中;