2008/04/01

スターゲイトSG-1 48話「マ・チェロの遺産」"Legacy"

SG-1は、ミイラ化したゴアウルドの死体と共に、謎の文字板とその解読装置と思われる物を見つけ持ち帰るが、その文字板を調べていたダニエルが幻覚、幻聴に襲われ入院する。ダニエルを見舞うティルクも、ダニエルの体内から何かが移り、彼は倒れてしまう…。(AXNより)

まさしくタイトル通りの“マ・チェロの遺産”でした。
マ・チェロ39話「奪われた肉体」(シーズン2)で登場したゴアウルドと戦うための最先端兵器を作っていた人です。
その兵器がダニエルが解読装置だと思って触ったものでした。

マ・チェロの遺産はエリア51に保管されており、それと照らし合わせたら同じものがありました。
あれは文字盤の解読装置ではなく、ゴアウルドの体内に虫を送り込んで退治するものだったんですね。
カーターはジョリナーの宿主となったときのゴアウルドを吸収した跡があったので、虫が役目を終えたものと早々に耳から出てきました。←これ気持ち悪かったです。
体内に入って動くと皮膚が盛り上がるシーンも(汗)。

フレイザー軍医も感染して、意識がもうろうとしながらも的確なアドバイスを与えていたのが印象的でした。

ひとつの装置に10匹の虫がいたので、ミイラ化したゴアウルドの死体が9体で、あと一匹がダニエルの体内に入り込んだのでした。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

モリーさん、こんにちは。

>虫が~早々に耳から出てきました。←これ気持ち悪かったです。

元ネタはスタトレ劇場版第2作目でしょうね~。明らかにパクリなんだけど(苦笑)、スタッフ技術陣が「超えてやろう」という気概が感じられるシーンでした。

スタトレではヨアヒムの長虫

hiroakiさん、こんにちは。
スタトレ劇場版の2作目のチェコフを私も思い出しましたよ~
以前に本星のほうでコメント頂いたのですが、あの虫はノベライズではヨアヒムの長虫と呼ばれているそうで、名前も気持ち悪いです。
元ネタがスタトレ?と思えるようなものありますよね。
それがスターゲイトらしく仕上がっていると、二度美味しかった気分が味わえます。こちらは、その一シーンでした。

molly2368

stargate Abiding Love
本星「海外ドラマ☆SFワールド」からペガサス銀河の「アトランティス」へようこそ!
スターゲイトファンの皆様、宜しくお願いします(更新不定期中;