2008/03/24

スターゲイトSG-1 45話「炎の中のバリア」 "Into the Fire"

前回からの続きでSG-1はどうなる?
そして、忘れられないあの人の雄叫び!

「The 4400」のシーズン2から登場したNTACのボス、ニーナ・ジャーヴィス役、ここではドクター・ローリーのSamantha Ferrisさんは前回に引き続き出演しています。



スターゲイト SG-1 シーズン3 DVD ザ・コンプリートボックススターゲイト SG-1 シーズン3 DVD ザ・コンプリートボックス
(2008/03/07)
リチャード・ディーン・アンダーソン

商品詳細を見る

ハトルの罠にはまり、オニールが宿主として選ばれてしまった。
ドクター・ローリーはオニールが宿主となることを阻止してくれたかのような行動に見えたのだが…。

そうなんです。彼女ドクター・ローリーはトクラのスパイでした。
ローリーはオニールを冷凍する策をとる。
冷凍されてしまえば体内でゴアウルドは生きていることが出来ない。死んでしまえば体内で吸収され残らない。

前回、あっさりとSG-1をやめてしまったティルクだが、チューラクでオニールらを救出する人たちを集めるためだった。
手を挙げた中になんとハモンド将軍が紛れていた。
ブレイタクには大理石頭と歓迎をうけるハモンド将軍。
そして、ブレイタクが100年間森に隠してあったというデスグライダーに乗るティルクとハモンド将軍。
針に糸を通すのはティルク(若いもんに任せろとブレイタク)、そして武器担当はハモンド将軍だ!

オニールはハトルを冷凍装置の中に突き落としカーターやダニエルを救出。
お揃いのところでゲイトに向かうが…。

タイトルの炎のバリアです。
これは新たな壁のようなシールド。
トクラのトンネルで地下からシールドを破ろうと思っても駄目だった。

しかし~、ゲイトからティルクとハモンド将軍の乗ったデスグライダーが現れる。
炎のバリアを攻撃するハモンド将軍の雄叫び!

このエピソードのラストの終わりが涙、涙。
無事だったSG-1、ティルク、ハモンド将軍、SGチームがゲイトの前に集結~。
SG-1が助かったのはトクラやブレイタクなどの他の惑星陣の協力があったからこそでした。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

はらはらして最後は大団円で、こう言うのって、好きだなあ。皆の友情が素晴らしい。  Y・K

Y・Kさん、こんばんは。
ドキドキ感でのラストで、こういうのいいですね。
皆の友情、ここまでSG-1が培ってきた結果ですよね。
こんなところがスターゲイトが大好きな理由の一つです。

スターゲイトのこと知らないのに、ご挨拶代わりに足跡残してます。ごめんなさい^^;
ブログ2つともテンプレート変えたんですね。(いい感じです)

elim91さん、こんばんは。
足跡残していただけて嬉しいです。
こちらのテンプレートが可愛くて一度、使ってみたいと思っていました。投票コーナーがテンプレートによっては設置出来ないものがあるので、それによって変えたりしています。
本星のほうは気まぐれです(^^)。

トラックバック

スターゲイト 完全ノックアウト「ダニエルになった私」

やっとシーズン3に突入したぞ~。タイトルは#45「炎の中のバリア」で完全ノックアウトなんてタイトルはないですよ(^^) やっとシーズン3まで辿り着いたと思ったら、もう放送のほうはシーズン4に突入しているよ~。 今回は、バビロン5のデレン、滝沢久美子さんの声...

molly2368

stargate Abiding Love
本星「海外ドラマ☆SFワールド」からペガサス銀河の「アトランティス」へようこそ!
スターゲイトファンの皆様、宜しくお願いします(更新不定期中;