2008/03/21

スターゲイトSG-1 42話「未知との兆戦」 "Show and Tell"

リートゥ」という種族の使いの少年がやって来る。「リートゥ」はゴアウルドに絶滅させられようとしており、その過激派が絶滅を逃れるには、逆にゴアウルドの宿主となりうる種族を全滅させれば、彼らは死に絶えると考え、近々地球に攻めて来ると言う。 (AXNより)


リートゥリアという星からやってきた少年。
オニールを信頼してやってきた名前のない少年は、オニールの息子チャーリーと呼ばれることに。
姿の見えないマザーと一緒に警告にきてくれた少年チャーリー。

トナで宝石を盗まなかったのはオニールのチームだけだったことから、ここ数週間オニールを観察していたらしい。
姿の見えない未知のエイリアン、SGCではトクラに助けを借りることになり、信号を送るとセルマクがやってきた。
トクラから装置をプレゼントされて始めて使う。

トクラから持ってきた装置(トランスフェーズエルミネートロッド)は凄いね、リートゥの本当の姿が見えた。リートゥを殺すことも出来る装置。
外見は恐ろしいエイリアンの姿。だからチャーリーをメッセンジャーとしてつくり送ってきたのだ。
人間のDNAで遺伝子操作されたチャーリー。それだけに全身の臓器が弱りつつあった。

リートゥリアに情報を集めるため訪れたSG-1とトクラ。
その無数のエイリアンの姿を見たときはびっくりです!
そうそう引き上げるが、帰還したSG-1らとリートゥが紛れ込みSGCに。

SGC内は騒然となり、リートゥと戦うことになる。
これに巻き添えになりチャーリーのマザーが死んでしまった。
マザー亡くなると、チャーリーも急速に体が弱り、トクラの力を借りなければ助からない。
チャーリーはトクラで治療を受けることになり、オニールとさよならした。

アイリスを開けることが出来たリートゥを体験したことで、新たにハンドスキャナーが設置された。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

molly2368

stargate Abiding Love
本星「海外ドラマ☆SFワールド」からペガサス銀河の「アトランティス」へようこそ!
スターゲイトファンの皆様、宜しくお願いします(更新不定期中;