2008/02/24

スターゲイトSG-1 28話「トールの宇宙戦車」"Thor's Chariot"

シメリア星からSOSを受け、現地へ向かったSG-1はゴアウルドに占拠された状況に愕然とする。一行はシメリア人と力を合わせゴアウルド軍に挑むが全滅の危機にさらされる。「トールの戦車」ことトールのマザーシップがシメリアに駆けつけるが…。(AXNより)

トールのハンマーを壊してしまったSG-1が原因でシメリアはゴアウルドに攻撃されてしまった。
攻撃に来ていたのはラーとハトルの息子へルアーの一族でした。
へルアーはアポフィスと同じ個人用シールドを使う。

タイトル「トールの宇宙戦車」とくれば10話の「雷神トールのハンマー」と繋がりのあるエピソードとわかりやすくなっている。
今回はケンドラの代わりにゲールウィンが案内人。
そのゲールウィンからトールの広間に案内してもらう。
ダニエルはその広間にトールの武器の類があるのではと予想するが、まるでゲームのように問題を解き次のスタージへ進んでいく。
するとホログラムではなく本当の姿のアスガード最高司令官のトールがリアル映像で登場。
トールと初対面するゲールウィン、カーター、ダニエルだった。

アスガードのマザーシップも初登場、次々に転送ビームにゴアウルドは吸い込まれる中、へルアーはゲイトから逃げていった姿があった。

カーターはジョリナーの影響がまだまだあり、ゴアウルドの道具を使えることがわかります。
シメリア語でエティンはゴアウルドのこと。
ピラミッド型の宇宙船=ハタク

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

スターゲイトSG-1 10話「雷神トールのハンマー」\"Thor\'s Hammer\"

SG-1は、北欧伝説の雷の神トールにちなんだ惑星に向かうが、そこで不思議な光線にとらわれたティルクが苦しみだし、彼を救おうとしたオニール...

molly2368

stargate Abiding Love
本星「海外ドラマ☆SFワールド」からペガサス銀河の「アトランティス」へようこそ!
スターゲイトファンの皆様、宜しくお願いします(更新不定期中;