--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/02/11

スターゲイトSG-1 22話「突入!宇宙母艦」 "Within the Serpents Grasp"

SG基地を閉鎖され、オニール達は最後の手段としてスターゲイトを起動、ダニエルの持ち帰った座標の星へ向かう。だが、彼らの着いた場所は巨大な宇宙母艦の内部で、母艦は人類撲滅を目的として地球へと出発するのであった…。(AXNより)


シーズン1フィナーレ!

前々回の20話でパラレルワールドからダニエルが持ち帰った座標はゴアウルド母艦の中でした。
そこでザットガンを見つけます。

さあ、通称ザットガンと呼ばれているのは正式名はザトニクテルでした。
オニールが面倒だからということでザットと呼ぶことになったんですね。
ザットガンの威力は直ぐに目の当たりにすることになります。

その母艦で見るテクノロジーは遥かに進歩していて、地球でいうTVにあたる長距離ヴィジュアル推進装置なるものが登場。球体になっておりアポフィス様の顔が拝めます(笑)。

そしてスカーラがアポフィスの息子クロレルとしてオニールの目の前に現れますが、スカーラを思いながら撃ってしまうオニール。でも、まだ意識の中にはスカーラが生きています。

SG-1が目にしたのはナント地球!
カーターが光速の10倍と計算したよりずっと早く地球に着いてしまった。
それだけ地球のテクノロジーよりかなり進歩しているということが伺えます。

シーズン2につづく。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

モリーさん、こんにちは~。

ついにシーズン1制覇ですね~。お疲れ様です~。この頃は劇場版からのスピンオフ直後で絶大な力をアポフィスは持ってましたね~。懐かしく感じます~(苦笑)。

それと私もそろそろ~復帰しようと思います、SG-1!!

hiroakiさん、こんばんは~。
こうして連続で観てしまうとシーズン1もあっという間でした。
アポフィス全盛時代で意のままにスカーラもシャーレもでしたね。

SG-1復帰!お待ちしてました~。
私的にはシーズン4の後半とシーズン5あたり、一巡目の時、一番オイシイと感じました。
それではhiroakiさんの記事で予習といきましょう(笑)。

molly2368

stargate Abiding Love
本星「海外ドラマ☆SFワールド」からペガサス銀河の「アトランティス」へようこそ!
スターゲイトファンの皆様、宜しくお願いします(更新不定期中;

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。