--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/02/11

スターゲイトSG-1 20話「異次元の地球」"There but for the Grance of God"

P3R233の探査に出かけたSG-1、そこはゴアウルドに破壊されつくした星で放射能に汚染され生き物は住めない場所となっていた。早々に惑星から引き上げるが、鏡を見つけたダニエルだけが異次元の地球に飛ばされてしまう。

パラレルワールドの世界!
こちらの地球ではハモンド将軍は大佐でオニール大佐が将軍!
しかもダニエルは1997年にエジプトで死んでいた。
キャサリンは私のスターゲイトと呼んでいてSGCで現役バリバリ、ラングフォード博士でギザでみつかった記号を解読したのもキャサリンだった。
カーターは民間人で天体物理学の博士。民間人とうことでオニールと婚約している(^^)。髪を下ろしたカーターがセクシー。

この世界ではゴアウルドが現れ都市を破壊していた。
233の住人はこれを警告発信していた。
この世界でダニエルが受け取ってきた謎の数字。
3,32,16,8,10,12(まるでLOSTの謎の数字みたい)
これはゴアウルドの母星、軍事拠点だった。

本元の地球ではその後アーネストとキャサリンは幸せに暮らしていた。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

molly2368

stargate Abiding Love
本星「海外ドラマ☆SFワールド」からペガサス銀河の「アトランティス」へようこそ!
スターゲイトファンの皆様、宜しくお願いします(更新不定期中;

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。