2008/01/29

スターゲイトSG-1 12話「ジャファの儀式」"Bloodlines"

ティルクは、チューラクに家族を残してきたことが判明。
ゴアルウルドを体内に移す儀式が息子ライアクに迫っている。
息子を心配するティルクはチューラクへ帰りたいと言い出した。

お話はティルクのふるさとチューラク
このころからゴアウルドを取り出す研究が始まっていたんですね。

ケリノリュームをするティルクの姿が。
チューラクに家族を残してきていたことが判明する。
信頼されたくて家族のことを隠していたティルク、それに対してのオニールがいいこと言った!オニール「信用は正直から生まれるんだ。」

ゴアウルドを体内に移す儀式はプリムタという。

ティルクはヘルメットと言っていましたが、あの兜のような被り物は何というのでしょう。
とにかく、これをティルクが被るのは最後になるか?

ショルバとは裏切り者という意味。
ブレイタク(最高のジャファマスター)登場、なんと133歳でカッコいい~、オニールより強いんだ。

ゴアウルドを体内に移せば奴隷となってしまうことが分かっていてもライアクは病に冒されていて仕方なしにティルクのお腹の幼生をライアクに移すんですよ。ティルクの苦悩する姿が…。

無抵抗な状態のゴアウルドの幼生を殺してしまったら私たちもゴアウルドと同じよとカーターが言うんだけど、ダニエルは幼生の入ったいれものを銃で壊すんだよね。

しかし何度見てもゴアウルドは嫌い~。カーターはよく素手で掴んだと思った。

ティルクの妻ドレイアクの声はフレイザー軍医?だったような。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

molly2368

stargate Abiding Love
本星「海外ドラマ☆SFワールド」からペガサス銀河の「アトランティス」へようこそ!
スターゲイトファンの皆様、宜しくお願いします(更新不定期中;