2008/01/23

スターゲイトSG-1 9話「時の呪縛」"Brief Candle"

SG-1は、アルゴスという古代ギリシャのような神殿が建つ楽園のような星に訪れる。その村の人々は平和に過ごしていた。オニールは一人の美女から歓待を受け、そのまま誘われて夜を共にするが…。(AXNより引用)


ここの星では一日一歳年をとる。キンシアに勧められたケーキ、「あなただけのもの」を食べたオニールも同様に年をとっていく。
この回のオニールはセクシーね~。
だけどオニール、おじいちゃんになるのも早い(泣)。
これってアトランティスのS2-12話のシェパードを思い出すけど、こちらのほうが先なんですよね。

ライフスパンを短縮して人間の進化を短期間で観察する。
テロプスは宿主としての人体の将来性を知りたかった。
この星の人達は実験用だった。その代わりに毎日が日曜日のような生活をしていたんだ。

オニールはウィルスに冒されたのかと思ったら、ナノテクノロジーでした。
カーターはペンタゴンでナノテクノロジーを研究しているグループに一年ほどいた。

倒した石造が目覚まし時計の役目をしていたんですね。
2種類の周波数で一つは村人を眠らせ、ナノサイトを活動させる。
もう一つは昼の間切っておく。

動かなくなったナノサイトを免疫システムが襲い、ここの星の人たちも普通の速さで年をとっていくのでした。

時々偵察テームを送ることに

オニールは40歳
フレイザー軍医登場


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

molly2368

stargate Abiding Love
本星「海外ドラマ☆SFワールド」からペガサス銀河の「アトランティス」へようこそ!
スターゲイトファンの皆様、宜しくお願いします(更新不定期中;