2014/06/10

SGA S5-6 The Shrine

86話「さよならを言うために」

粗筋は以前の記事からどうぞ→コチラ

最初のシーン、洪水でゲイトの上避難しているって珍しいですよね。
この回だけのお楽しみ?(笑)
まさかゲイトが水圧で閉じなくなるって予想外でした。

本編はマッケイの記憶がだんだんなくなっていくという。
天才だけにマッケイ自身も思い出せないのがもどかしい。

自分らしさを取り戻した最後を過ごさせたいという思いから惑星タラスに向かいます。

タラス惑星
寒冷で不毛な大地に覆われ、人間の居住にはあまり適さない。
そのためか?人間が住んでいないのでレイスの興味をひくことはなかった。
防衛に適していることからレイスの派閥の一つが基地を設置。

かつてはエンシェントが実験や観測を行う基地を設営していたと思われる。
他の惑星から遠く離れた位置でスターゲイトのみのアクセスということから。

聖地はエンシェントにより作られ、レイスはその存在に気づいていない。

レイスに襲われることなくマッケイの頭の中の寄生体を取り出せたのも聖地の存在に気づかれていなかったからだろう。

大工道具で寄生体を取り出した技術のケラー先生は凄腕でした。
みみずの大きいものみたいで出てきたときは気持ちわるかった~w

マッケイが寄生体により衰弱していたとき不安になりシェパードの部屋を訪れた。
そのときシェパードが着ていたパンダTシャツがコレ↓です(^^;
pUmigBetniVFz_51402393366_1402393493.jpg
マッケイとシェパードがアトランティス都市の埠頭でビールを飲むシーンもよかったですね。
埠頭ではシェパードはチェックシャツをパンダTシャツの上に着ておりますw

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

molly2368

stargate Abiding Love
本星「海外ドラマ☆SFワールド」からペガサス銀河の「アトランティス」へようこそ!
スターゲイトファンの皆様、宜しくお願いします(更新不定期中;