2006/10/19

103 Hide and Seek

3話目にして原点の映画もSG-1とも繋がりのない単独アトランティスエピソード。いよいよ本格始動のアトランティスということでオープニングも変わりました。
まだまだ、未知のテクノロジーなど不思議なものが一杯。
そして今回はロドニィ・マッケイに注目です!!
今頃、ふと思ったのだけど、アトランティスの形って雪の結晶みたいだと思いませんか。


かくれんぼ

Written by  Robert Cooper & Brad Wright
Director   David Warry Smith

今回の見所はマッケイですね。ごめんなさいマッケイに笑いっぱなしでした。
なにナニ、マッケイ「アソス人女性はレペルが高いだとかレイスから救ったから感謝以上のものを期待してもいいよな」オイ!オイ(^^)。
しかも今回は人体実験の第1号に志願する勇敢な?マッケイ。

ベケットも地球では人体実験は許可が必要で簡単には出来ないって、あのね。。。
で、なんだかよく分からないけど、マッケイの遺伝子を一部、エンシェントのものに変えようというわけ。マウスで実験した物からマッケイに注射される。

しかも、早速マッケイはラボでみつけたエンシェントの発明装置を試している。
サムナー大佐が亡くなった今、保安の責任者はシェパードだと話すウィアーの目の前でマッケイを突き落とすシェパード。びっくり。
しかもシェパード、銃で撃って試す(シェパードの言い訳、足ですよ(^^)。
マッケイの試した装置は個人用パワーシールド装置。
マッケイ、不死身の男だのルンルン♪

だったんだけど……
とれなくなっちゃったんだよ~(ガーン)。ウルトラマンのタイマーのようなものが胸に一際目立つ!
コーヒーも飲めない、食べられない。餓死の恐怖に震えるマッケイ。
いやエンシェントの装置は安全性は極めて高い、意識の問題では?

夜になって「エルム街の悪夢」のお話をして子供達を怖がらせようとするシェパード少佐。でもね~ホッケーマスクのフレディがアソス人の子供たちには分からなくてイマイチ怖くなかったみたい。
ちょっとアットホームな夜でした。

今回のタイトル「かくれんぼ」が始まりました。
アソス人のジントとシェイクス。ジントはシェパード役でシェイクスはレイス役です(笑)。かくれんぼ、面白そうです(汗)。
ところが、ジントが行方不明になってしまった。

そんな時、未調査の区画で妙なエネルギー反応。
明かりが消えたり、ゲイトが動いたり、マッケイは幽霊かと言うし。
マータは影を見ており、レイスではないかと。エマガンはレイスを感じないというが…。

ナクアダジェネレーターのエネルギーを吸って大きくなっている黒い影。遭遇するシェパードとグローディン。
人間の生命エネルギーを奪うレイスの次は、エネルギー好きの影が登場。
そんな時、ジントから通信が入る。ジントの言葉を頼りに捜しに行くと…。
ジントは無事だったが、その部屋は実験用のラボだった。転送装置も発見!

黒い影はフォードの方へ向かっていた。黒い影に衝突したフォードは煙を出し倒れていた。
生命に危険はなかったフォードは雷に打たれたようだった。

実験用ラボにある容器をジントは触ってしまい、エネルギーは解き放たれたのだった。
エンシェントは、アッセイションを研究していたようだ。肉体を持たない純粋なエネルギーに体がなること。進化のプロセスに変化を与えた証となる装置らしい。影はエンシェントが都市を去る前から囚われていた。捕獲して観察する為のもの。マッケイ曰くネズミ捕り。
ネズミ捕りの番をするのが、よほど嫌だったようだマッケイ。マッケイのウルトラマン装置が取れました。(やっぱりウィアーの言ったとおりだった)

ネズミ捕りに再度、納めようとしたが反応せず。たぶん成長したのだろう。捕獲装置の中は亜空間らしい。へえー。

マルトに乗せたジェネレーターを追わせ、ゲイトをくぐらせる作戦に変更。(エマガンの案)何も無い星にダイヤル。しかし、バッテリーを食われ、マルト停止。さてどうする?
やっぱりウルトラマンだった!!マッケイカッコイイ。
勇敢なマッケイに拍手。

さて、何も無い星に送られた影に再会する日が来るのだろうか?







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんにちは。
マッケイの胸のシールド装置、確かにウルトラマンですね。(笑)
水は通らなくて、空気は吸えるのだろうか、とかつまらないツッコミをしてしまいますが、そこはエンシェントの技術は洗練されているから、と。
アトランティスでかくれんぼをしたら、隠れるところがありすぎで、迷子になりそうです。
TBさせていただきました。

楽しいエピソードでしたね

josetangelさん、こんばんは。
TB&コメントありがとうございます。
エンシェントの装置、安全性は極めて高いとウィアー博士も言っていたので、マッケイは空気は吸えたのでしょうね(笑)。
マッケイのお姉さん好きコメントが面白かったです。
かくれんぼのほうも面白そうだけど方向音痴で、やっぱり迷子になっちゃうかな。
あんまり楽しいエピソードで少佐や博士を付けないでウィアー、シェパードって自然と呼んでました(汗)。

ウルトラマン

あの装置は確かにウルトラマンにそっくりですね!!
ウェアー博士に影の中に行くように言われたときに
胸の装置がボロっと外れたところとか
なかなかわかり易くて面白かったです!
マッケイのキャラが気に入りました!

マッケイ

ダッシュさん、ウルトラマンに賛同ありがとう!マッケイはお笑い担当のようです。胸の装置が取れたシーンは面白かったですね。最後のエネルギーに覆われたシーンはCGならではのシーンだったし、正義の味方ウルトラマンマッケイでしたね。

マッケイよかった。
都市のシルエットはゲイトアドレスが6つなのでそれを表しているのかと考えてます。よくみると形は左右対称じゃないですが。

virgogater さん、マッケイ大活躍でしたね。いい味出してました。
>都市のシルエットはゲイトアドレスが6つなのでそれを表しているのかと
ゲイトアドレスとは考えもしなかった。しかも左右対称ではないって言われて見てみたら、そうなんですね。
いろいろあって見落としもあるみたい。再見する度に発見があります。

トラックバック

#3 Hide and Seek

 ペガサス銀河での実質的な生活が始まりました。エンシェントの残した都市は謎だらけ。 レイスの襲撃から解放されて、やっとステーション内部に目を向けることができました。居住区で使える部分はまだ少なく、設備もよく分かっていません。 科学者がメインの探検隊なので

#3 Hide and Seek

この話の見所はマッケイの活躍(?)ぶりです。体の周りにシールドを張る装置をつけていろいろ試しているところが面白かったですねー!ウェアー博士の目の前でロビーからマッケイを突き落とすシェパード。二人ともかなり楽しそうでしたし、しかも笑顔で「さっき銃でも撃った

スターゲイト アトランティス レビュー S1#003

SGA S1#003『かくれんぼ』ここからが本当のアトランティスです。地球人とアソス人の共同生活が始まったアトランティス。最高仕官になったシェパードは居住区の部屋割り担当に。子供たちに慕われています。レイス遭遇の一件でアソス人を疑っているウィア、内通者がいる可能性